« 2011年第17戦インドGP | トップページ | 佐藤琢磨、インディで初勝利 »

2011/11/14

2011年第18戦アブダビGP

ベッテルがシーズン14回目となるポールを獲得。これはマンセルが持つ記録に並ぶもの。
マンセルがこれを記録したのは1992年でウィリアムズ・ルノー。当時は年間16戦だった。

そのベッテルはスタート後リアタイヤがパンクするアクシデントに遭う。ベッテルはこれで早々にリタイアとなる。
1周目を終えて順位はハミルトン、アロンソ、バトン、ウェバー、マッサ、ロズベルグ、小林可夢偉も順位を上げている。

6周目、小林可夢偉は早めに1回目のピットに入って一旦順位を落とすが、11周目にはHRTの2台をまとめてかわし順位を上げる。可夢偉は9番手まで順位をあげ、34周目に再びピットに入ってタイヤ交換を済ます。

トップはハミルトン、アロンソが続き、ウェバー、バトン、マッサが続く。
10番手に小林可夢偉のチームメイトのペレス、小林可夢偉はポイント圏内まであと一歩の11番手を走る。

48周目、ウェバーがファステストを記録するが、あと1回のピットを残している。小林可夢偉がペレスをかわして10番手に浮上する。

ファイナルラップ、ここでようやくウェバーがピットに。タイヤ交換をして4位でコースに戻る。
ハミルトンがトップでチェッカーを受け今シーズン3勝目。2位アロンソ、3位バトン、4位ウェバー、5位マッサ。小林可夢偉は10位に入り久しぶりの1ポイントを獲得した。

« 2011年第17戦インドGP | トップページ | 佐藤琢磨、インディで初勝利 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/53239816

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年第18戦アブダビGP:

« 2011年第17戦インドGP | トップページ | 佐藤琢磨、インディで初勝利 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ