« 2011年第16戦韓国GP | トップページ | 2011年第18戦アブダビGP »

2011/10/31

2011年第17戦インドGP

今年初開催となるインドGPはフリー走行でのイエロー無視や韓国戦でのアクシデントによるグリッド降格のペナルティがあり、予選結果とスターティング・グリッドに違いが出た。

フリー走行ではウィリアムズのマルドナドがマシントラブルでコースサイドにストップしてイエローが降られていたがハミルトンとペレスがこれを無視したとして予選グリッド3位降格というペナルティが科された。

リカルドは規定回数以上のギヤボックス交換が行われたため5グリッド降格、さらに公式予選で、地元のカーティケヤンがシューマッハのアタックを妨害したとしてこれまた5グリッド降格のペナルティが科された。
前戦韓国GPでのアクシデントによりロータス・ルノーGPのペトロフが5グリッド降格。
グロックはマシントラブルのため予選で107%タイムをクリアできなかったが22番手からのスタートが許された。

小林可夢偉は予選Q1のアタックの時にちょうどコースインしてきたマッサガ前を譲ってくれなかったため、タイムを更新することができずここで敗退してしまった。スターティンググリッドはチームメイトのペレスがグリッド降格のペナルティのおかげでポジションをひとつ上げて17番手からのスタートとなった。

決勝レーススタート!
ベッテルがトップキープ、ウェバーも後に続く。アロンソが順位を落としバトンが3番手に浮上。後方で複数のマシンが接触するアクシデントが起きている。ヘアピンでバトンが2位に浮上。アクシデントに巻き込まれた小林可夢偉は最後尾。

2周目、小林可夢偉はコース脇にマシンを止め、早くもレースを終えている。

8周目、ベッテルはファステストを記録しバトンとの差を広げていく。これに対しバトンも11周目、12周目とファステストを記録し差を詰める。

22周目、ベッテルが再びファステストを記録、24周目マッサが少し膨らんだところにハミルトンが一気に差を詰める。ハミルトンがマッサにオーバーテイクを仕掛けるも、両者は接触、ハミルトンが順位を落とした。マッサはそのまま走り続け、その後ピットでノーズを交換するも、34周目にはマシンを止めることになった。

ベッテルはその後もファステストを連発、ファイナルラップでもファステストを記録してポール・トゥー・ウィン。2位にバトン、3位アロンソ、ウェバーは4位となった。

ドライバーズポイントは、優勝を決めているベッテル374ポイント、バトンが240ポイント、アロンソが227ポイント、ウェバーが221ポイント、ハミルトンが202ポイントとなった。

コンストラクターズポイントは、レッドブルが595ポイント、マクラーレンが442ポイント、フェラーリが325ポイント、メルセデスが145ポイント、ルノーが72ポイント、フォースインディアが51ポイント、ザウバーとトロロッソが41ポイントで並ぶ。

小林可夢偉の所属するザウバーチームはフォースインディア、トロロッソとコンストラクターズを6位を争っているが、今シーズンも残り2戦となり、ここでフォースインディアに離され、トロロッソには追い付かれるという厳しい展開になってきた。


« 2011年第16戦韓国GP | トップページ | 2011年第18戦アブダビGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/53124723

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年第17戦インドGP:

« 2011年第16戦韓国GP | トップページ | 2011年第18戦アブダビGP »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ