« 2011年第10戦ドイツGP | トップページ | 2011年第12戦ベルギーGP »

2011/08/01

2011年第11戦ハンガリーGP

前戦のドイツGPで予選Q1敗退から決勝ではポイントを獲得する走りを見せた小林可夢偉だが、ここハンガリーでも予選は13番手。決勝で再びポイントを獲得する走りをみせてくれるかが注目される。

得意のスタートで小林可夢偉は順位をあげ、10番手を走行、その後他車と異なるピット戦略で一時7位を走る好走を見せるもタイヤがもたず残り数周というところでタイヤ交換に入り、最終的には11位とポイントには届かなかった。

ポールからスタートしたベッテルだが、ハミルトン、バトンのマクラーレン勢とバトルの末、優勝を逃した。
バトンとハミルトンが激しいトップ争い。しかし、ハミルトンはスピンを喫しコースを塞ぐ形で止まる。レースに戻るもコースを塞いだことでペナルティが科されトップ争いから脱落した。

このレースで自身200戦目となるメモリアルレースで見事優勝を決めたのはバトン。今シーズン2勝目、通算11度目となる勝利。

2位はベッテル、3位にはフェラーリのアロンソが入った。


« 2011年第10戦ドイツGP | トップページ | 2011年第12戦ベルギーGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/52360375

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年第11戦ハンガリーGP:

« 2011年第10戦ドイツGP | トップページ | 2011年第12戦ベルギーGP »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ