« 2011年第7戦カナダGP | トップページ | 2011年第9戦イギリスGP »

2011/06/27

2011年第8戦ヨーロッパGP

第8戦ヨーロッパGPはドライコンディションで行われクラッシュやマシントラブルによるリタイヤもなく24台全てが完走するレースとなった。

優勝はポールからスタートしたレッドブルのベッテルで8戦中6勝とその強さを見せつけた。
2位にはウェバーとのバトルを制したフェラーリのアロンソ、4位にハミルトン、5位にはマッサが入った。

唯一、1ピットストップ作戦をとったザウバーのペレスだったが、11位とポイント獲得には届かなかった。予選14位からスタートした小林可夢偉だったが、今回は16位に終わり連続ポイント獲得はここで途切れた。

« 2011年第7戦カナダGP | トップページ | 2011年第9戦イギリスGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/52054211

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年第8戦ヨーロッパGP:

« 2011年第7戦カナダGP | トップページ | 2011年第9戦イギリスGP »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ