« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/18

2011年第3戦中国GP

2戦連続で予選Q3進出を果たしていた小林可夢偉だが、この中国GPでは赤旗中断による影響もあってQ2で敗退、決勝は13番手グリットからのスタートとなった。

ポールはレッドブルのベッテル、2番手にはマクラーレンのバトンで久しぶりのフロント・ローとなった。3番手もマクラーレンでハミルトン、4番手はメルセデスのハイドフェルド。チームメイトのシューマッハは14番手。

スタートでマクラーレン勢がベッテルをかわしてバトン、ハミルトンが1-2。可夢偉も順位を上げる。
3番手を走っていたベッテルがハミルトンをかわして2番手に浮上したところでトップのバトンと同時にピットに入る。
ここでバトンが誤ってレッドブルのピットに向かってしまう。レッドブルのピットを通り抜けてマクラーレンのピットに入ったバトンだが、ベッテルが先にピットから出て順位を落とす。
その後バトンはチームメイト同士のバトルに負けてハミルトンにもかわされてしまう。

2ピット作戦をとったベッテルは終盤ペースが落ち、3回ピット作戦のハミルトンにかわされ陥落。
ハミルトンがこれで今季初優勝を飾る。
2位にベッテル、3位に18番手スタートだったウェバーが入り、バトンは4位だった。

中段でバトルを繰り広げていた小林可夢偉は10位に入り2戦連続ポイント獲得を果たした。

2011/04/11

2011年第2戦マレーシアGP

開幕戦は入賞を果たしながらレース後の車検でマシンのパーツに違反があったとして失格処分となってしまった座うバーの小林可夢偉だが、マレーシアGP予選でもQ3進出を果たし、決勝は10番手グリットからスタートした。

ウェバー、シューマッハらとバトルを繰り広げる力走、他が3回ピット作戦だったにもかかわらず唯一2回ピット作戦を敢行し見事8位入賞、チームに初ポイントをもたらした。

さらに、アロンソとハミルトンがバトルをするなか、両者が接触するに至ったことに対し、それぞれレース結果に20秒加算のペナルティが科され、6位アロンソの順位は変わらなかったが、7位ハミルトンの順位はひとつ下がり、代わりに可夢偉が7位というリザルトとなった。

レースはポールからスタートしたベッテルがそのまま逃げ切り優勝、バトン、ハイドフェルドが表彰台に上がった。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ