« 2011年第2戦マレーシアGP | トップページ | 2011年第4戦トルコGP »

2011/04/18

2011年第3戦中国GP

2戦連続で予選Q3進出を果たしていた小林可夢偉だが、この中国GPでは赤旗中断による影響もあってQ2で敗退、決勝は13番手グリットからのスタートとなった。

ポールはレッドブルのベッテル、2番手にはマクラーレンのバトンで久しぶりのフロント・ローとなった。3番手もマクラーレンでハミルトン、4番手はメルセデスのハイドフェルド。チームメイトのシューマッハは14番手。

スタートでマクラーレン勢がベッテルをかわしてバトン、ハミルトンが1-2。可夢偉も順位を上げる。
3番手を走っていたベッテルがハミルトンをかわして2番手に浮上したところでトップのバトンと同時にピットに入る。
ここでバトンが誤ってレッドブルのピットに向かってしまう。レッドブルのピットを通り抜けてマクラーレンのピットに入ったバトンだが、ベッテルが先にピットから出て順位を落とす。
その後バトンはチームメイト同士のバトルに負けてハミルトンにもかわされてしまう。

2ピット作戦をとったベッテルは終盤ペースが落ち、3回ピット作戦のハミルトンにかわされ陥落。
ハミルトンがこれで今季初優勝を飾る。
2位にベッテル、3位に18番手スタートだったウェバーが入り、バトンは4位だった。

中段でバトルを繰り広げていた小林可夢偉は10位に入り2戦連続ポイント獲得を果たした。

« 2011年第2戦マレーシアGP | トップページ | 2011年第4戦トルコGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/51422483

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年第3戦中国GP:

» 中国GPハミルトン制覇&可夢偉10位 [スポーツ瓦版]
第3戦の中国GPハミルトン制覇&可夢偉10位だよ ハミルトン制覇&2位ベッテル&3位ウェーバーで 4位バトン&5位ロズベルグ&6位マッサだけども 7位アロンソ&8位シュー ... [続きを読む]

« 2011年第2戦マレーシアGP | トップページ | 2011年第4戦トルコGP »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ