« 片山右京、活動再開 | トップページ | 佐藤琢磨の第2戦 »

2010/03/29

2010年第2戦オーストラリアGP

ベッテルは2戦連続でポールを獲得、決勝のスタートもうまく決めトップを走り続けていた。
しかし、ここでもまさかのマシントラブルで優勝を逃すことに。しかもリタイアとなってしまいノー・ポイント。
速いのに勝てないベッテル、次のマレーシアでは”3度目の正直”となるだろうか。

フェラーリのマッサとアロンソ、ハミルトン、ウェバー、クビカがバトルを繰り広げ、飽きの来ないレース展開だったような気がするが、これはオーストラリア公道レースに雨という要素が絡んだためなのかも知れない。
ベッテルの脱落で漁夫の利を得たバトンだが、いち早くウェットからドライタイヤに交換した判断は当たった。

一度は最後尾にまで順位を落としたアロンソも、フロントウィングの損傷でやはり順位を落としたM.シューマッハも、しっかりポイントを獲得してレースを終えるところはさすがだ。

小林可夢偉は1周目でクラッシュ・・・残念だが気を取り直して次のレースに臨んでもらいたい。

« 片山右京、活動再開 | トップページ | 佐藤琢磨の第2戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/47937315

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年第2戦オーストラリアGP:

» バトン、タイヤ戦略が功を奏す [えふわん]
ウェットコンディションで始まったオーストラリアGP決勝でバトンが早めにドライタイヤに交換して順位を上げ、ベッテルのリタイアでトップに立ち、そのままゴール、今シーズン初優勝を飾った。 ベッテルはまたもマシントラブル。トラブル...... [続きを読む]

» 豪GPバトンが波乱を戦略で制覇 [スポーツ瓦版]
F1オーストラリアGPはバトンがタイヤ戦略で制覇した 決勝はバトン制覇&2位クビサ&3位マッサとなったけど 4位アロンソ&5位ロズベルク&6位ハミルトンだけども 7位リウッツィ&8位ウェーバー&9位バリチェロとなり 10位シューマッハと上位10名までポ....... [続きを読む]

» F1 オーストラリアGP 完走14台の波乱の中、バトンが今季初優勝!! [蔵前トラックⅡ]
結果は以下の通り。(F1通信より) オーストラリア・アルバードパークは毎年のよう [続きを読む]

» 2010F1第2戦オーストラリアGP [erabu]
アルバート パーク サーキット、58周。・公道サーキットで、毎年セーフティカーが [続きを読む]

» F1 第2戦 オーストラリアGP 決勝 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
アルバートパークサーキットでのF1第2戦、オーストラリアGP決勝。レースこそ見に行ったことはありませんが、メルボルンに観光に行ったことがあってコースの直ぐそばまで行ったことがあるみとしては妙に親近感のあるコースなんですよね〜週末中不安定だった天候...... [続きを読む]

« 片山右京、活動再開 | トップページ | 佐藤琢磨の第2戦 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ