« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009/12/23

M.シューマッハの復帰が決まる

メルセデスはM.シューマッハと2010年のレースドライバー契約を結んだことを発表した。

M.シューマッハは7回のチャンピオン、248回のF1出走、91回の勝利、154回の表彰台と68回のポール記録して2006年に現役を引退していたが、来シーズンは現役に復帰し8度目のチャンピオン獲得を目指す。

F1参戦前はメルセデスのドライバーだったM.シューマッハは2006年の引退までF1でメルセデス・エンジンをドライブすることがなかった。
2010年、ようやくF1でメルセデスをドライブすることになる。

2009/12/21

片山右京、冒険家活動を自粛

12月18日、片山右京は予定していた南極最高峰ビンソンマシフ登頂の練習に登った富士山で遭難、右京は助かったものの、同行していた2名は翌日発見されたが助からなかった。

右京はこのアクシデントにより年内のテレビなどのメディアへの出演をすべてキャンセル、冒険家活動も当面自粛となるようだ。

亡くなられた方へのご冥福を祈ります。
右京さん、またその姿を見せてくれるまで待っています。

2009/12/18

可夢偉、ザウバーに加入が決定

小林可夢偉が2010年のレギュラーシートを見事獲得した。
チームはBMWが撤退し元のオーナーのもとに戻ったザウバーだ。

可夢偉は今シーズンの最後の2戦を負傷したグロックの代役で参戦、最終戦は見事6位に入り初ポイントを獲得した。この僅かなチャンスで印象的な走りをみせたことで今回のシート獲得につながった。

2009/12/14

ロータス、ドライバーラインナップを発表

佐藤琢磨がひと足早く交渉がまとまらなかったことを明らかにしたロータスだが、2010年のドライバーラインナップを発表した。

噂されていた通り、レギュラードライバーはトゥルーリとコバライネン。両名とも名門のロータスの一員になったことを喜ぶコメントをしている。
リザーブドライバーも予想通りマレーシアのファイルーズ・ファウジーが起用されることになった。

佐藤琢磨、ロータスとの交渉まとまらず

2010年シーズンのシート獲得に向けて活動していた佐藤琢磨だが、その交渉先のひとつであったロータスとの交渉がまとまらなかったことを自身のサイトにコメントし明らかにした。

今後もあきらめずにシート獲得を目指すとのことだ。

BMWの撤退で2010年のエントリーが保留されていたザウバーだが、エントリーが認められた。
ザウバーを含め新チームのシートもまだいくつか残されている。
佐藤琢磨、中嶋一貴、小林可偉らはシートを獲得することができるだろうか・・・。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ