« 小林可夢偉、グロックの代役でブラジルGPでデビュー | トップページ | トヨタ、2010年のドライバーは? »

2009/10/19

2009年第16戦ブラジルGP

タイトル争いでバトンを追うバリチェロが母国GPでポールを獲得、勢いづく。バトンは雨の予選で振るわず14番手からスタート。

レース前はバリチェロ優位に思われたが、バリチェロは1回目のピットストップ後はウェバーにトップをキープされ、スローパンクチャーに見舞われる不運もあって順位を落としてしまった。
バトンは小林可夢偉に前を塞がれる場面もあったが、着実に順位をあげ5位に入った。ベッテルも予選で振るわず16番手からスタート、4位に入るもバトンのタイトル獲得を阻止することはできなかった。

ブラウンGPはバトンのタイトル獲得と同時にコンストラクターズのタイトルを獲得した。
バトン、ブラウンGPのタイトル獲得には感慨深いものがある・・・。
しかし、いろいろな要因があって今があるわけなので、ホンダが撤退しなければこの結果はなかったのかも知れない。

中嶋一貴はまたもポイント獲得ならず。いい位置で走っていただけにもったいなかった。
小林可夢偉はバトンをブロック、終盤にはフェラーリのフィジケラをかわす走りを見せて健闘した。

決勝結果

« 小林可夢偉、グロックの代役でブラジルGPでデビュー | トップページ | トヨタ、2010年のドライバーは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/46524292

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年第16戦ブラジルGP:

« 小林可夢偉、グロックの代役でブラジルGPでデビュー | トップページ | トヨタ、2010年のドライバーは? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ