« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/27

2009年第10戦ハンガリーGP

公式予選でマッサがバリチェロのマシンから脱落したパーツがヘルメットにあたるアクシデントに遭い病院に運ばれた。命には別状はないということだが、今シーズン中の復帰は困難かもしれない。

ポールは1年半ぶりとなるルノーのアロンソだったが、1回目のピットストップでフロントタイヤのパーツが外れるというアクシデント、まさに天国から地獄を味あわされてしまった。

優勝はハミルトン、2位にはライコネンと旧2強の2チームが表彰台を飾り、復活ののろしを上げた。
バトンは7位とポイントを上げたものの、表彰台から遠のいている。レッドブルのウェバーが3位に入りバトンのリードも少なくなってきている。

予選で苦戦したトヨタはダブル入賞を果たしたが、9番手スタートだった中嶋一貴は序盤でバトンに前を許しバトンのペースに付き合わされ、1回目のピットの後にはピケに前を許し今度はピケのペースに付き合わされてしまい、結局9位とポイントに届かなかった。
フリー走行、予選と良いタイムを叩き出しているだけに、決勝での戦略、遅い車のペースに付き合わされるレースに応援する側もフラストレーションが溜まる一方だ。

2009/07/13

2009年第9戦ドイツGP

2009年シーズン、バトン、ベッテルに次ぐ勝利者はベテランのマーク・ウェバーだった。
ウェバーは2002年ミナルディーからのデビュー戦で見事5位に入る力走を見せ注目され、その後ジャガー、ウィリアムズと渡り歩き、2007年からレッドブルで走っている。ウェバーの勝利は参戦132戦目での勝利となった。

ブラウンGPは給油でトラブルに見舞われ、3回ピットストップを余儀なくされ表彰台を逃した。
レッドブルの2戦連続の1-2でコンストラクターズポイント逆転も見えてきた。

第2の母国GPとも言えるトヨタはすっかり元気がなかった。富士スピードウェイでの日本GP開催も投げ出してしまい、いいことなしだ・・・。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ