« 2010年のエントリーは5月29日まで | トップページ | 2009年第6戦モナコGP »

2009/05/23

F1はF1であってほしい

バジェットキャップ制を反対するフェラーリの提訴が却下され、迫る2010年のエントリー期限を前に、その行方が気になる。

コスト削減は共通の認識にある。その方法が合意に至っていない状況だ。バジェットキャップ制はFIAのチームとの交渉の牌のひとつと言われ、結局ある程度の妥協点を引き出すためのものではないかと見る意見もある。
それが本当なら、まるでどこかの隣国の交渉術のようだ。

いろいろ問題はあるが、フェラーリ、ルノー、トヨタなどのチームのいないF1はいかに新チームが参入してきたとしても、興味は半減する。佐藤琢磨を擁する新チームでも現れれば別だが・・・。

« 2010年のエントリーは5月29日まで | トップページ | 2009年第6戦モナコGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/45100972

この記事へのトラックバック一覧です: F1はF1であってほしい:

« 2010年のエントリーは5月29日まで | トップページ | 2009年第6戦モナコGP »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ