« 2009年第5戦スペインGP | トップページ | F1はF1であってほしい »

2009/05/18

2010年のエントリーは5月29日まで

2010年のエントリー期限が迫ってきているが、2010年からのレギュレーション変更をめぐり、FIAと一部のF1チーム側とで衝突が起こっている。

FIAはバジェットキャップ制(年間予算制限)を導入することを明らかにした。
上限を4000万ポンド(約59億円)とするバジェットキャップ制度を受け入れた場合、そのチームは様々な技術的自由が与えられる。例えば、可変ウイングやレブリミットのないエンジンの使用が認められ、テストや風洞実験も無制限になる、また、現在のようなエンジンとギアボックスの交換ペナルティは科されない。

このほか、レース中の給油が禁止、タイヤウォーマーの使用も禁止となる。

一方、新規参入のチームには、年間1000万ドル(約10億円)の支払いと、レースごとにマシン2台分のトランスポーターと10000kgの貨物便を無料提供するなどの財政的支援を行うことも発表している。

2010年は13チーム26台のエントリーが認められる。
これに、USF1、ローラ、プロドライブ、iSportらが参戦の意思を見せている。

バジェットキャップ制により実質2つのレギュレーションが存在することになり、これにフェラーリ、トヨタ、ルノー、レッドブル、トロロッソが難色を示し、このままでは撤退も辞さない構えだ。

FIAとF1チームとで会合が持たれたが、物別れに終わり、フェラーリはバジェットキャップ制の廃止を求めフランスの裁判所に提訴した。

« 2009年第5戦スペインGP | トップページ | F1はF1であってほしい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/45048816

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年のエントリーは5月29日まで:

» バジェットキャップ制 とは [これがニュースの醍醐味だ!]
gamecentercxのブログ : FIA会長「F1はフェラーリなしでも生き残れる ...イギリスの新聞『フィナンシャル・タイムズ』紙の土曜版のインタビューで、M.モズレー会長は一部のチームの反対にもかかわらず、バジェットキャップ制を引き下げる考えがまったくないことを明らかにした。 これらの変更についてM.モズレー会長は「この ...[記事全文] 男女共同参画 05/019バジェットキャップ制. F1の年間予算制限。制度導入に対しフェラーリ幹部が撤退示唆 横たわる像 過去に盗まれ... [続きを読む]

» バジェットキャップ制 [みつひこの出来事]
2010年のエントリーは5月29日まで いる。バジェットキャップ制により実質2つ... [続きを読む]

» バジェットキャップ とは [本日のネットで話題のニュース速報]
次なる撤退警告はBMW? 「バジェットキャップには反対だ。全員に同じルールを求める。それも、誰にとっても明白なルールを」と彼は『Telegraph(テレグラフ)』に語っている。「われわれはマシン、エンジン、空力、そしてマシンテクノロジーに投資したいのだ」 ...(続きを読む) F1撤退発言はハッタリなどではなく本気 ちいさな不動産営業マンのぼやきフェラーリ、バジェットキャップ制導入ならF1撤退との声明 フェラーリは、火曜マラネロで取締役会議を行った後、4、000万ポンドのバジェットキャッ... [続きを読む]

» あいうえお [あいうえお]
あいうえお [続きを読む]

« 2009年第5戦スペインGP | トップページ | F1はF1であってほしい »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ