« F1はF1であってほしい | トップページ | 2009年第7戦トルコGP »

2009/05/25

2009年第6戦モナコGP

抜きどころの少ないモナコGP、ポールからスタートしたのはブラウンGPのバトン。
ライコネンが2グリットであったが、スタートで3番グリットのバリチェロにかわされて3番手に後退してしまう。4番手ベッテルを先頭にマッサ、ロズベルグ、コバライネン、ウェバー、アロンソと数珠つなぎ状態になる。

このお陰というわけでもないが、ブラウンGPは十分なアドバンテージを稼いでトップを快走する。
そして、そのままバトン、バリチェロが1-2フィニッシュ!バトンは今季5勝目、ブラウンGPは前戦に続きフルマークとなる1-2。
この快進撃を止めることができるか?フェラーリは3位、4位でブラウンGPの後に続いた。


今シーズン初のQ3進出を決める走りを予選で見せていた中嶋一貴だが、1ピットストップ作戦のボーでとフィジケラに前を許すことになり、ポイント圏内に入れず、10番手を走行、ファイナルラップではマシンの姿勢を崩してウォールの餌食となってレースを終えてしまった。
昨年は日本人初となるモナコGPでポイントをあげた中嶋一貴だが、最後にクラッシュを喫してしまい15位(完走扱い)。今シーズンの初ポイント獲得はいつになるのだろうか?

« F1はF1であってほしい | トップページ | 2009年第7戦トルコGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/45121060

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年第6戦モナコGP:

« F1はF1であってほしい | トップページ | 2009年第7戦トルコGP »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ