« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/22

2009年新型車発表-BMW

BMWが2009年の新型車「F1.09」を発表した。

2008年、クビカが1勝をあげ、ハイドフェルドと二人でコンストラクターズ争いで3位となった。
エースの座を奪われた格好になったハイドフェルドが奮起すれば、2009年も上位争いをするかもしれない。

http://www.bmw-sauber-f1.com/

2009/01/19

2009年新型車発表-ルノー&ウィリアムズ

ルノーF1チームは2009年新型車の「R29」を発表した。
新たにスポンサー契約したフランスのオイルオイルメーカーの「TOTAL」の企業カラーである赤が入って昨年と少し違ったカラーリングとなった。

http://my.ing-renaultf1.com/en/

ウィリアムズもポルトガルのアルガルヴェ・モーターパークで新型車「FW31」を発表した。
今シーズン、中嶋一貴の飛躍を期待したいところだ。

http://www.williamsf1.co.uk/

2009/01/17

2009年新型車発表-トヨタ&マクラーレン

15日、トヨタは2009年新型車の「TF109」をインターネット上で公開した。

http://www.toyota-f1.com/jp/index.html

パナソニックが引き続きメインスポンサーとなり、トゥルーリ、グロックの両ドライバーで初優勝を目指す。


16日、マクラーレンが本拠地であるイギリスで新型車「MP4-24」を正式発表した。

http://www.mclaren.co.uk/

今シーズンはドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズチャンピオンシップの2冠獲得を目指すとロン・デニス代表は意気込みを語った。
しかし、デニス氏は代表の座を降り、マーティン・ウィットマーシュに譲る。デニス氏は今後、F1活動については後方支援者として関わりを継続するそうだが、マクラーレン・グループの代表として本業である市販車開発・販売事業に注力することになるそうだ。

2009/01/12

2009年新型車発表-フェラーリ

12日、フェラーリが2009年新型車となる「F60」を発表した。

フェラーリはF1が発足した1950年から活動を開始し、今年はF1活動60周年。今年の新型車はこれまでのネーミングを踏襲し「F2009」となると予想されていたが、「F60」と名付けられた。

フェラーリ公式サイト
http://www.ferrariworld.com/

2009/01/10

トロロッソ、ブエミの起用を正式発表

チームの売却先を求めているホンダF1チームは別として、2009年のドライバーを唯一決めていなかったトロロッソが、かねてから有力視されていたセバスチャン・ブエミを起用すると発表した。

ブエミは20歳のスイス人ドライバー。2008年はGP2に参戦し6位でシーズンを終えている。ブエミはレッドブルの若手育成プログラムを受けており、キャリアのほとんどをレッドブルから支援を受けている。

残る一つのシートはボーデ、佐藤琢磨が有力候補に挙がっている。
佐藤琢磨のF1復帰を願うばかりだ・・・

2009年パリダカ、片山右京は無念のリタイア

バイオフェールを燃料などいくつかのエコ仕様のマシンでパリダカに挑んでいた片山右京だが、第5ステージ102Km通過したあたりでマシントラブルに見舞われ、リタイアとなってしまった。

この日の夜からの悪天候で第5ステージは困難なレースとなった模様。片山右京はサポートトラックのけん引によってキャンプ地ラファエルに到着、懸命の復旧作業も叶わずリタイアとなったそうだ。

片山右京は自身のオフィシャルサイトのブログに「燃料、ダンパー、タイヤ、ボディーパーツも環境に配慮した物、全て完璧でした。もう少しでそのポテンシャルを証明出来るとこだったのに。残念です。申し訳ありません。申し訳ありません」と書き込んでいる。


環境に配慮した車両での挑戦を続け、この悔しい気持ちを晴らしてもらいたい。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ