« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/27

佐藤琢磨の去就にも影響あり?

2009年のF1復帰にかける佐藤琢磨だが、周囲の状況が変化してきており、その煽りを受けるかも知れない。

・レッドブルがベルガー氏が所有していたトロロッソの50%の株式を買い戻したことを発表
・ブエミのシート獲得の可能性が高まっている
・ボーデはシートは持参金次第と嘆くコメント
・レッドブルのウェバーが事故により負傷、開幕前のテスト参加は困難となる

前回のテストで存在感を示した佐藤琢磨だが、シート獲得の道のりはまだゴールは見えない・・・

2008/11/18

ウィンターテスト始まる

11月17日より3日間の予定でバルセロナにおいて2009年シーズンに向けたウィンターテストが始まった。

フェラーリとの契約を解除しマクラーレンと契約したフォースインディアだが、今回のテストではフェラーリエンジンを搭載して参加している。フォースインディアの2009年型マシンの開発はこの方針転換で遅れるのは必至だ。

ホンダはブルーノ・セナ、ディ・グラッシ、ブルツというラインナップで臨んでおり、チーム残留を希望するバリチェロの出番はない。バリチェロはチームに残留できなければ引退もあり得る話のようだ。

BMWが走らせた2009年仕様に合わせたマシンは今シーズンのマシンと比べてフロントウィングは大きく、リアウィングは小さくなっている。

一番気になるのはもちろん佐藤琢磨。
トロロッソのマシンに乗り込み121ラップを周回、目下のライバルとなるブエミを上回るタイムでしかもこの日のトップタイムを記録した。
もちろん、今の時点でタイムがどうこうという問題ではないが、やはりトップタイムを出してくれたことはうれしいニュースだ。

2008/11/08

佐藤琢磨、再びトロロッソのテストに参加

2008年シーズンが終わったばかりだが、11月17日からバルセロナで合同テストが行われる。
このテストに佐藤琢磨が参加する。9月にもテストに参加したが、今回もその時と同じトロロッソのマシンに乗る。
9月に参加した時は雨に祟られ十分なパフォーマンスを見せつけることはできなかった。それでもチームからの評価はまずますのものだった。
今回のテストでは天候に恵まれ実力をおもいっきり見せてもらいたい。佐藤琢磨は17日、18日にバルセロナで走る予定だ。

2008/11/06

アロンソ、ルノーに残留

アロンソのルノー残留が決定した。
ホンダなどアロンソにラブコールを送っていたチームがあるなか、アロンソはルノーに残ることを決めたようだ。契約は2010年まで。

また、同時にピケJr.の残留も発表された。こちらは2009年までの契約のようだ。

ホンダはブルーノ・セナを今月のテストに呼んでいるが、ブルーノはトロロッソのテストにも参加する。
佐藤琢磨の復帰を期待する日本のファンにとってブルーノの動きは気になるところ。
残るシートはわずかだ。

2008/11/03

2008年最終戦、ついに決着

ハミルトンとマッサのタイトル争いに決着がつけられる2008年の最終戦、スタート直前に雨が降り出し何かが起こる気配が感じられた。
この雨はマッサには関係なかった。ポールからスタートしたマッサはトップをキープして周回を重ねる。ピケJr.がクルサードと接触、そのクルサードが中嶋一貴を巻き込んでスピン。クルサードは現役最後のレースをスタート直後のアクシデントで終えることになってしまった。中嶋一貴はコースに復帰しレースを続行する。

雨が止んでからもマッサはトップのままレースを続ける。ハミルトンはタイヤ交換やベッテルの追撃を受け、タイトル獲得の条件である5位獲得も危ない状況。残り数周になって再び雨。各車レインタイヤに交換するなか、トヨタは勝負に出てタイヤ交換をしなかった。残り2周、ベッテルにかわされてしまったハミルトンは6番手、万事休す!しかし、ファイナルラップ、ノーマルタイヤのまま走り続けていたトヨタのグロックがペースダウン。最終コーナーでベッテル、ハミルトンが次々とかわし、ハミルトンは再び5番手に浮上、そのままチェッカーを受け、マッサはトップでチェッカーを受けたものの、タイトルに手が届かなかった。

中嶋一貴は最後まで走り続けたがポイント獲得には遠く及ばなかった。それでも1年目としてはまずまずの結果だった。2009年シーズンの飛躍を楽しみにしたい。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ