« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/14

日本のファンの夢

ホンダはF1参戦を果たした第一期に優勝を経験した。
第二期はエンジンサプライヤーとして黄金期を築いた。
日本のファンは母国の企業がF1というフィールドで天下を獲るという希望を叶えてもらった。

さらにホンダはこの黄金期に日本人初のフル参戦となる中嶋悟をF1に引っ張り上げた。日本人ドライバーがF1で
走るという道をつけてくれたのだ。
このようにホンダは日本のファンの夢をひとつひとつ叶えてくれてきた。

日本はバブル景気も手伝って、その後鈴木亜久里、片山右京と次々と日本人ドライバーを担ぎ出してきたが、バブルの崩壊とともにホンダを含め、スポンサーとして参加していた日本企業が次々と撤退していった。

この苦しい時期に頑張っていたのは中野信二と高木虎之介だ。
その才能を発揮することなく二人はF1から去っていき、日本人ドライバーはF1フィールドから再び消えてしまった。

そこに再び姿をあらわしたのは佐藤琢磨だ。
琢磨は英F3でチャンピオンを獲得しホンダとともにF1にやってきた。
日本のファンは新たな夢の実現に期待することになる。
それは日本人ドライバーが表彰台の真ん中に立つことだ。琢磨+ホンダでその夢を実現させて欲しいということだ。

2004年、その夢が一気に現実に近づく。
琢磨+ホンダで鈴木亜久里以来の3位表彰台、予選2位でフロント・ローを獲得する。

しかし、何故かホンダは琢磨をオールホンダから締め出す。バリチェロを獲得しバトンを残留させたことにより日本のファンの夢の実現はまた遠のいてしまった。

スーパーアグリF1チームのF1参戦をバックアップし、日本のファンの夢を諦めさせないでくれたのかと思ったが、それも僅かに2年ちょっとで撤退となってしまった。

奇しくも中嶋悟の子息である中嶋一貴が名門のウィリアムズからフル参戦を果たし、日本のファンの夢である日本人ドライバーの優勝は今のところ彼に託される形となったが、このままではこの夢の実現にホンダの姿はないことになる。

琢磨+ホンダはもう見ることができないのだろうか。

2008年トルコGP

フェラーリのマッサは2006年、2007年とトルコGPを制し、2008年もポール・トゥー・ウィンで3年連続の勝利。トルコGPでは敵なしだ。

スーパーアグリの撤退でF1への興味がかなり減ってしまった。
中嶋一貴もフィジケラに追突されてスタート直後にレースを終えているし
トヨタもホンダもいまひとつ・・・。

後方でも頑張って走る佐藤琢磨の姿がないのがほんとうにさみしい。

2008/05/06

スーパーアグリF1撤退を表明!

スーパーアグリが撤退を表明した。
とにかく、残念でならない。

2008/05/05

ホンダの不振はスーパーアグリのせい?

2004年、ホンダの前身BARはバトン、佐藤琢磨の二人のドライバーでコンストラクターズ2位を獲得した。

2005年は車両重量規定違反でサンマリノGPでのポイント剥奪、その後2戦出場停止処分などにより前年ほどの成績をおさめることはできなかった。そして2006年からバリチェロと契約することとなり、バトンについてもウィリアムズとの契約問題を金銭解決して残留することが決められた。

これで当時唯一の日本人ドライバーであった佐藤琢磨がシートを失うことになり、ホンダには、佐藤琢磨救済の 要望や苦情が殺到した。
佐藤琢磨は日本人としては初の予選でフロント・ローを獲得、鈴木亜久里以来の3位表彰台も獲得し、日本のF1ファンの期待のドライバーだったので無理もない話だった。

こうした経緯からホンダの支援のもとスーパーアグリF1チームが誕生し、2006年にスピード参戦を果たすことになった。

2006年BARはオール・ホンダのチームとして生まれ変わり、バトンが1勝をもたらすが、2007年、ホンダはこれまでの勢いを失って低迷する。
F1参戦を果たしたスーパーアグリは非力なマシンで奮闘を続け、2007年第4戦で佐藤琢磨が8位にはいり初ポイントを挙げる。そして第6戦のカナダGPで佐藤琢磨が6位に入った。
低迷していたホンダはこの時点ではノーポイント、スーパーアグリの思わぬ活躍にホンダのニック・フライ氏は快く思っていないようなコメントを発していた。

ホンダがスーパーアグリに気を取られることを危惧するフライ氏、なかなか成績が上向いてこないのもスーパーアグリの存在が少なからず影響していると考えているのだろうか。

存続の危機に瀕しているスーパーアグリにヴァイグル・グループが救済の手を差し伸べているのだが、フライ氏は懐疑的だ。そしてフライ氏はスーパーアグリはトルコGPを欠場するとFOMに伝えたという。このため、イスタンブールに到着したスーパーアグリはパドックへの立ち入りを拒否されている。

こんな形でスーパーアグリの命は絶たれてしまうのだろうか?
もちろん個人的にはチーム存続を熱望するが、ホンダにはこんな見捨て方ではない形を考えてもらいたいものだ。

5月6日15時30分、都内のホテルで鈴木亜久里代表が出席して緊急記者会見を行なうそうだ。

2008/05/04

ヴァイグル・グループがスーパーアグリを救済

スーパーアグリF1チームはヴァイグル・グループと共同声明を出し、契約が最終段階にあることを明らかにした。

ドイツの自動車産業企業のヴァイグル・グループは年間売上2億ドルで金属加工、特に、トランスミッションおよびエンジン・パーツの処理を専門としている。また鋳造工場とプロトタイプ製造子会社を所有しており、2005年に当時のミッドランドF1と技術的パートナーシップを結びF1に関わっている。

しかし、ホンダレーシングF1のニック・フライ氏は「ヴァイグル社ほどの規模の会社がコンペティティブなF1チームを支援できることはないように思う」と否定的なコメントをしている。

フライ氏のコメントからするとまだ安心はできないところであるが、なんとかスーパーアグリが存続できる方向に進んでもらいたい。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ