« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/28

中嶋一貴ポイント獲得、佐藤琢磨完走!

2008年第4戦スペインGPはフェラーリが1-2フィニッシュを決めBMW、マクラーレンに差をつけた。
マクラーレンはハミルトンが3位に入るもコバライネンが高速でタイヤバリアに突っ込むアクシデントに見舞われてしまった。救出されたコバライネンは意識があったもののその後の経過が気になるところだ。

中嶋一貴は2度目の入賞となる7位。今回は予選で初めてチームメイトのロズベルグを上回り、これからがさらに楽しみだ。

スーパーアグリのチーム事情は厳しい。ぶっつけ本番のマシンでライバル達との差は歴然だ。
F1で走れることに喜びを感じている佐藤琢磨が荒れたレースでリタイアが続出するなか完走を飾る。不安定な状況にあってもマシンを仕上げてきたクルーに最高のプレゼントをした。
次戦も走れるかどうかはわからないが、いつもベストを尽くす佐藤琢磨をこれからも応援したい。

2008/04/26

スーパーアグリ、スペインGPに参戦

スペインGPの参戦も危ぶまれていたスーパーアグリだが、金曜日のフリー走行をなんとか走ることができた。

資金調達の目処が立たないまま現地入りし、鈴木亜久里代表はぎりぎりまで参戦可否について明言していなかった。直前になってなんとかスペインGPにマシンを走らせることができることが明らかにされたがチームの将来を確約する契約はまだない。

危機的状況から脱せないでいるスーパーアグリだが、佐藤琢磨とデビットソンがこの状況を撥ね退ける走りを見せてくれることを望む。

2008/04/18

求む!スーパーアグリを救済する有力日本企業

スーパーアグリは昨年のパートナーだったSSユナイテッドから資金を受け取ることができず、今年はマグマ・グループを通じてアラブ資本と手を結ぶはずが、ドタキャン・・・。
良いパートナーに巡り合えていない。やはりホンダの支援が不可欠か・・・。

スーパーアグリF1チームは確かに弱小チームではあるが、ドライバーの佐藤琢磨が時折魅せる。元チャンピオンのアロンソだってオーバーテイクして観客を沸かせたこともある。
琢磨に、チームにちゃんとレースをさせてあげれられれば、きっと良い結果を出せると信じている。そうなれば、注目度も抜群だ。この状況で救いの手を差し伸べればイメージアップも間違いなしだ。
マクラーレンやフェラーリなどの強豪の小さなスポンサーのひとつになるよりも余程宣伝効果が見込めるのではないか、そう素人考えで思ってしまう。

チーム存続のために手を尽くせるタイムリミットが近づいてきているようだが、なんとか最悪の事態だけは回避されることを祈りたい。

2008/04/17

スーパーアグリ、再び窮地に

マグマ・グループとの正式契約が間近かと思われていたスーパーアグリだが、この交渉は破談となった。
合同テストを欠席しているが、これにより再び財政難に陥り、次戦の参戦さえも危ぶまれる。
鈴木亜久里氏は他の企業との交渉は続けているとのことだ。

日本の小さなチームの運命は?
佐藤琢磨は?

2008/04/07

マッサ、意地を見せる!

開幕戦、第2戦とマッサはリタイアに終わっていた。チームメイトのライコネンが先に初勝利をあげていることもあり、この第3戦では結果を出したいところだったと思う。

マッサはスタートでポールのクビカをかわしトップに立ち、その後はチームメイトのライコネンも寄せ付けない走りで見事に優勝、10ポイントを獲得した。ここからポイントを積み重ねていけるだろうか。

トヨタはトゥルーリが2戦連続でポイントを獲得、GP2での小林可夢偉の活躍もあり、チームの雰囲気は良い。

ホンダはバトンがリタイアに終わり今回もポイント獲得はならなかった。復活までまだまだ時間が必要のようだ。

スーパーアグリは苦しいチーム事情のなか、2台揃って完走。いつまでこんな思いを続けなければならないのか・・・

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ