« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007/10/22

2007年ブラジルGP

ハミルトン、アロンソ、ライコネンがドライバーズタイトルをかけた最終戦、予選でハミルトンが2位、ライコネンは3位、アロンソは4位、ポールは母国GPで2連勝を狙うマッサだった。

決勝のスタートでハミルトンはライコネン、アロンソに前を許した上にオーバーラン・・・。さらにシフトがきかない状況に陥りスローダウン、一気に順位を落としてしまった。
史上初のルーキーチャンピオンの誕生の望みが薄くなってしまった。

アロンソは3位をキープするもフェラーリに追いつくだけのパフォーマンスは見られない。

マッサは快調にトップをひた走り、1回目のピットでもライコネンに逆転を許さなかった。
しかし、ドライビングミスでライコネンに差を縮められ、2回目のピットで遂に逆転を許してしまった。

これまで数々の不運に泣かされてきたライコネンだが、2回目のピットでマッサを逆転、そのままトップでチェッカーを受け逆転勝利!最後の最後でタイトルを手中におさめた。

ハミルトンは後方から追い上げを見せたが8位に留まり、タイトルを逃した。並のルーキーではないが、さすがにF1でのタイトルがかかってそのプレッシャーには勝てなかったか・・・。

デビュー戦となった中嶋一貴は初日のフリー走行ではチームメイトのロズベルグに遜色のない走りを見せたが、初めての予選ではロズベルグに水をあけられてしまった。
決勝でも1回目のピットに入ったときにピットクルーを轢いてしまうまさかのミス。
19位スタートで10位フィニッシュでなかなかの結果だったが、ややバタバタしてしまったようだ。

山本左近はフィジケラと接触し早々にリタイア、最終戦を満足に走ることができなかった。
佐藤琢磨は12位完走、ポイントには遠く及ばなかったが、今シーズンは4ポイントを獲得、第6戦カナダGPでのアロンソをオーバーテイクしたシーンは忘れられない。

ホンダは最後はエンジントラブルでバリチェロ、バトンともリタイア。不調の今シーズンを象徴する結果だった。来シーズンの復活を待ちたい。

トヨタはトゥルーリが1ポイントをあげ2007年を締めくくった。今シーズン限りでトヨタを離れることになったラルフは11位完走、第11戦ハンガリーでの6位が最高位だった。

2007/10/20

カスタマーシャシーは結局使えない?

2008年からカスタマーシャシーの利用がコンコルド協定で認められたことで、プロドライブが唯一のこされた12番目のチームの参戦権を得て2008年から参戦する予定であった。

当初からマクラーレンとの交渉がされていたが、ここにきてその話は破談になってしまっていた。
その理由としてはコンストラクターズ・ポイントの有効性や放映権料の配分などで各チームの利害が対立していることにあるようだ。

この問題はプロドライブだけでなく、同じくカスタマーシャシーを使うことを予定していたスーパーアグリやトロロッソにおいても影響は少なくない。

リチャーズ氏は新しいコンストラクターを擁するか、どこかへ権利を売却するのか、それともカスタマーシャシー問題が解決されるまで待つのだろうか?

2007/10/09

中嶋一貴、ブラジルGPでF1デビュー!

ウィリアムズのレギュラードライバーをつとめるブルツが今シーズン限りでのF1引退を明らかにしたことにより、最終戦のブラジルGPには、同チームのテストドライバーをつとめる中嶋一貴がレースを走ることになった。

ブルツの引退表明があってから既に噂にはなっていたが、その噂どおり中嶋一貴がブラジルGPを走ることになったようだ。  
 ※ウィリアムズのWebサイト( http://www.williamsf1.co.uk/ )

日本人F1ドライバーもいよいよ2世の時代に入ってきた。
中嶋一貴の父である中嶋悟は現役時代にアイルトン・セナやネルソン・ピケとチームメイトになっていたが、セナの甥であるブルーノ・セナやピケ・Jrよりも一足先にF1デビューすることになった。

2007/10/08

2007年第16戦中国GP ライコネンの逆転勝利

ドライバーズ・タイトルがかかった1戦となった中国GP、ハミルトンはポールポジション。ライコネン、アロンソには不利な状況でのスタートだった。


日本GP、中国GPと2戦続けてウェットコンディションでのレース。日本GPと違ってこの中国GPでは激しく雨が落ちてきたかと思えば止んでみたりとタイヤ戦略がポイントとなった。


ハミルトンは序盤から快調に飛ばしレースをリードする。いち早く1回目のピットストップ(給油のみでタイヤ交換なし)、リードを保ちながらレースを展開していく。しかし、途中激しく降った雨にオーバーランを演じてペースダウン。これによりライコネンに追いつかれる。


ライコネンとバトルを展開するも、ライコネンに捉えられ前を許す。このあとタイヤの摩耗が著しくなりハミルトンは2回目のピットに向かう。ここで想像もしなかったことが起きる。ハミルトンはピットレーンのコーナーで曲がり切れずランオフエリアに捕まる。後輪がむなしく空転、コースに復帰することができず無念のリタイアとなってしまった。


ハミルトンは107ポイント、勝利したライコネンは100ポイントとなり7ポイント差、アロンソは2位に入り103ポイントでハミルトンとは4ポイント差となった。
タイトルは最終戦のブラジルGPで決まる。

ホンダはバトンが今季最高位となる5位でフィニッシュ。コンストラクターズポイントを6ポイントとし、スーパーアグリの4ポイントを上回った。バトンはファステストを叩き出しながら、ライバルたちを次々とオーバーテイクし順位を上げていった。ウェットのレースでこれだけのパフォーマンスを見せられたということは、皮肉にも今期の空力が失敗だったことを明らかにした。

トロロッソのベッテルが4位、リウッツィも6位に入りチームは一気にランキング7位に食い込む。ベッテルは日本GPでのペナルティが撤回されたものの、予選で他車の走行妨害をしたとして再びペナルティが科され、グリッド5位降格からの4位入賞だ。リウッツィも日本GPで8位に入ったもののレース後にイエロー区間での追い越しがあったとして25秒加算のペナルティ、これによりチーム初ポイントが幻と消えていた。
二人はこれを跳ね返す結果を見せた。

スーパーアグリのデビッドソンはこのところ予選で佐藤琢磨を上回るタイムを出してきているが、決勝での結果につながらないでいる。佐藤琢磨はグリップが得られず予選で苦しむが、決勝では粘り強く走り、完走を果たしている。最終戦では是非ともポイントをあげてほしい。

2007年ドライバーズタイトル、最終戦まで持ち越し

史上初のルーキーチャンピオンは中国GPで誕生しなかった。
最終戦までタイトル争いがもつれ込む。タイトルは誰が手にするのだろうか?

(これまでの投票結果)










2007/10/01

サバイバル・レースとなった日本GP

30年ぶりに開催された富士スピードウェイでの日本GP。30年前も雨だった。

雨の中行われたレースでアロンソをはじめ多くのドライバーが脱落していったが、ポールからスタートしたハミルトンは冷静な走りでトップを独走、4勝目をあげた。このところおとなしくなっていたハミルトンだが、タイトル獲得が見えてきた。もちろん、残り2戦で何があるかわからないし、アロンソもまだあきらめていない。

地上波でもライブであったのに、雨でセーフティーカーに従えられての走行を見せられ退屈したが、最後のマッサとクビカのバトルは数少ない見どころであった。

日本勢は母国GPで結果を出せなかったが、残り2戦、来シーズンにつながる戦いを見せてもらいたい。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ