« カスタマーシャシーは結局使えない? | トップページ | アロンソ、マクラーレン離脱! »

2007/10/22

2007年ブラジルGP

ハミルトン、アロンソ、ライコネンがドライバーズタイトルをかけた最終戦、予選でハミルトンが2位、ライコネンは3位、アロンソは4位、ポールは母国GPで2連勝を狙うマッサだった。

決勝のスタートでハミルトンはライコネン、アロンソに前を許した上にオーバーラン・・・。さらにシフトがきかない状況に陥りスローダウン、一気に順位を落としてしまった。
史上初のルーキーチャンピオンの誕生の望みが薄くなってしまった。

アロンソは3位をキープするもフェラーリに追いつくだけのパフォーマンスは見られない。

マッサは快調にトップをひた走り、1回目のピットでもライコネンに逆転を許さなかった。
しかし、ドライビングミスでライコネンに差を縮められ、2回目のピットで遂に逆転を許してしまった。

これまで数々の不運に泣かされてきたライコネンだが、2回目のピットでマッサを逆転、そのままトップでチェッカーを受け逆転勝利!最後の最後でタイトルを手中におさめた。

ハミルトンは後方から追い上げを見せたが8位に留まり、タイトルを逃した。並のルーキーではないが、さすがにF1でのタイトルがかかってそのプレッシャーには勝てなかったか・・・。

デビュー戦となった中嶋一貴は初日のフリー走行ではチームメイトのロズベルグに遜色のない走りを見せたが、初めての予選ではロズベルグに水をあけられてしまった。
決勝でも1回目のピットに入ったときにピットクルーを轢いてしまうまさかのミス。
19位スタートで10位フィニッシュでなかなかの結果だったが、ややバタバタしてしまったようだ。

山本左近はフィジケラと接触し早々にリタイア、最終戦を満足に走ることができなかった。
佐藤琢磨は12位完走、ポイントには遠く及ばなかったが、今シーズンは4ポイントを獲得、第6戦カナダGPでのアロンソをオーバーテイクしたシーンは忘れられない。

ホンダは最後はエンジントラブルでバリチェロ、バトンともリタイア。不調の今シーズンを象徴する結果だった。来シーズンの復活を待ちたい。

トヨタはトゥルーリが1ポイントをあげ2007年を締めくくった。今シーズン限りでトヨタを離れることになったラルフは11位完走、第11戦ハンガリーでの6位が最高位だった。

« カスタマーシャシーは結局使えない? | トップページ | アロンソ、マクラーレン離脱! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/16836228

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年ブラジルGP:

» スローダウン [気ままにyoutube アニメ 日刊 ドラマ]
F1グランプリ-ブラジルハミルトンの突然のスローダウンもあり、アロンソがいまひとつスピードに乗れなかったりしましたが、ライコネンのスタートの大成功が勝利への大きな要素だった気がします。スタートで2位を獲得し、1位を走っていたマッサを2回目のピットタイミングで逆転 ...(続きを読む) ライコネン ブラジルGPを制し初の年間王者前方をふさがれたハミルトンは、アロンソにも追い越され4位に後退すると、更にはコーフオフにより8位に、そして先頭集団から遅れた7周目にはギアボックスのトラブルによりス...... [続きを読む]

« カスタマーシャシーは結局使えない? | トップページ | アロンソ、マクラーレン離脱! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ