« 序盤戦を振り返る-ホンダ | トップページ | 序盤戦を振り返る-レッドブル »

2007/04/29

序盤戦を振り返る-BMW

開幕戦、BMWはハイドフェルドが3番グリッド、クビカも5番グリッドに並び、フェラーリ、マクラーレン勢の間に割って入った。そして決勝のスタートではハイドフェルドがアロンソをかわし2番手に順位をあげる。

燃料を軽めにし、タイヤはソフトであったハイドフェルドは真っ先に1回目のピットに入る。
「最初にソフトタイヤを履くという僕のタイヤ戦略はリスクが大きかった。最初のピットストップの後で渋滞にはまる危険があると知っていたし、実際その通りになったが、それでもあえてリスクを取った」と語るハイドフェルドの戦略も、マクラーレンのロン・デニス氏からは「ハイドフェルドは公式予選・最終ピリオドでの燃料搭載量を減らし、予選グリッド上位を獲得してことさらスピードを目立たせようとしたというもの。おかげで我々のレースもずいぶんと翻弄された。しかしこんな破壊的な見せびらかしのような作戦はいかがなものか」と評される。

クビカは4番手を走行もギアボックスのトラブルでリタイア。ハイドフェルドはレースを走り切り4位入賞でスタートを切った。

続くマレーシアでもハイドフェルドはフェラーリ、マクラーレンの後ろとなる5番手からスタート、ハミルトンに手を焼きミスを犯したマッサをおさえ4位入賞、バーレーンではハイドフェルドがアロンソをオーバーテイクするシーンを魅せ3戦連続となる4位、クビカも6位に入りダブル入賞を決めた。

序盤3戦で魅せたハイドフェルドのパフォーマンスは彼の評価を間違いなく上げ、BMWはフェラーリ、マクラーレンに次ぐ第3のチームになっている。
BMWが上位にどれだけ食い込むことができるか、ルノーの巻き返しをかわすことができるか、今後の戦いに注目だ。

ハイドフェルド関連記事

« 序盤戦を振り返る-ホンダ | トップページ | 序盤戦を振り返る-レッドブル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/14888167

この記事へのトラックバック一覧です: 序盤戦を振り返る-BMW:

» フェラーリのすべて徹底解剖! [イタリア自動車ドットコム]
フェラーリのすべて徹底解剖! [続きを読む]

« 序盤戦を振り返る-ホンダ | トップページ | 序盤戦を振り返る-レッドブル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ