« 中嶋一貴、上々のF1デビュー | トップページ | 2007年第1戦オーストラリアGP »

2007/03/18

スパイカー、シャシー問題で訴え

開幕戦の予選までのセッションで、スーパーアグリが本家のホンダを上回るパフォーマンスを見せている。
スーパーアグリは目標にしていた予選Q1突破を佐藤琢磨、デビッドソンの両ドライバーがさっそく果たした。さらにフェラーリのマッサのマシントラブルによる脱落などもあり、佐藤琢磨がQ2突破まで達成、予選10位を獲得した。

歓喜に沸くピットの映像も流れたが、この躍進は一方でシャシー問題を再び燃え上がらせるものとなった。
スパイカーは、かねてからスーパーアグリ、トロロッソの今年のマシンは、それぞれホンダ、レッドブルの昨年型シャシーのコピーであるとし、これは今年のレギュレーションには適用されないものだと主張、今回のスーパーアグリの躍進を見てついに訴えることになってしまった。

スパイカーはオーストラリアGPのスチュワードに申し立てを行ったが、スチュワードはこの問題はコンコルド協定の解釈に関わるもので彼らが判断できるものではないという理由でこれをつき返した。
この問題は今後調停に持ち込まれ、法廷で判断が下されるようになる模様だ。

しかし、スーパーアグリの躍進がホンダの昨年型シャシーによるところが大きいとするのなら、本家本元のホンダが2台とも予選Q3に残れなかったのは、まだ始まったばかりとは言えやや心配になる。

« 中嶋一貴、上々のF1デビュー | トップページ | 2007年第1戦オーストラリアGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/14300109

この記事へのトラックバック一覧です: スパイカー、シャシー問題で訴え:

« 中嶋一貴、上々のF1デビュー | トップページ | 2007年第1戦オーストラリアGP »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ