« スパイカー、シャシー問題で訴え | トップページ | 2007年第2戦マレーシアGP »

2007/03/18

2007年第1戦オーストラリアGP

2007年シーズンが始まった。M.シューマッハのいないシーズンとなり、チャンピオン争いはアロンソとライコネンと目される。

オーストラリアGPのスターティンググリッドの1列目はそのライコネンとアロンソが並び、マクラーレンの新人ハミルトンの4番手で2列目についた。これにBMW、ルノーが続く形となった。

予想に反して躍進を見せたのはスーパーアグリ。昨年の今頃はスターティンググリッドにマシンを並べるのが精一杯だった。また、今シーズンもニューマシンがFIAのクラッシュテストに不合格になり、マシンの完成は開幕ギリギリまでかかり、ぶっつけ本番のマシンでの戦いになった。そんな状況にもかかわらず、佐藤琢磨は予選でトップ10、デビッドソンも11番手に入る健闘を見せた。

こんなスーパーアグリの躍進にライバルのスパイカーはたまらずシャシー問題を持ち出し訴えを起こすことに。

レースはフェラーリのライコネンが終始安定した走りをみせ、ポール・トゥー・ウィン、予選でマシントラブルに遭いエンジン交換を余儀なくされたマッサも最後尾から追い上げ6位に入る。
マクラーレンはアロンソが2位、ハミルトンがF1初参戦で初表彰台となる3位。コンストラクターズポイントでまずフェラーリを上回った。

トヨタとホンダはなかなか殻を破れない。ホンダは昨年、F1復帰後初の勝利を上げた。今年はさらに上を目指したいところだが、バリチェロは11位、バトンは15位に終わった。トヨタはラルフが8位と1ポイントを上げ、トゥルーリは9位、スーパーアグリのデビッドソンはスタートに失敗、スパイカーのマシンと接触するなど苦しんだが、16位、佐藤琢磨は12位と2台とも完走を果たした。
日本勢のこれからの戦いに期待したい。

« スパイカー、シャシー問題で訴え | トップページ | 2007年第2戦マレーシアGP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/14303987

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年第1戦オーストラリアGP:

» 01-オーストラリアGP決勝結果(3月18日) [カンジのあなた!(H氏公認)]
ひえ〜!すっかり出遅れました。(汗 ま〜、なんとか決勝の結果を録画にてチェックする事は出来ましたが… コカンジを寝かしつけているうちに…気がつけば朝まで爆睡! それでは、今更ながらに… 琢磨選手の決勝結... [続きを読む]

» オーストラリアGP-決勝 [TRT Communication]
*****ネタばれ有り、地上波、録画の方取り扱い注意!!***** [続きを読む]

» 【F1】  第1戦 オーストラリアGP 日曜日 決勝 [すずか ねっと]
大忙しの週末から復活しました。 ずいぶんと遅くなりましたが、F1が開幕です。と言っても3日目です。 決勝はフェラーリのライコネンがポール・トゥ・ウィンです。 2位はマクラーレンのアロンソ。やはり今シー... [続きを読む]

« スパイカー、シャシー問題で訴え | トップページ | 2007年第2戦マレーシアGP »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ