« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007/02/12

スパイカーのやる気

2月5日に新型車を発表したスパイカーF1。ミッドランドを買収して生まれ変わったこのチームは、スポンサー、資金面からもオランダ色が強くなている。レギュラードライバーをつとめるアルバースもオランダ人だ。

前トヨタのガスコイン氏を迎え入れ、彼が手がけるマシンの投入は第12戦のトルコGPになるものと見られている。
そして、チーム首脳は2009年には表彰台にあがり、2011年には初勝利をあげると、その「やる気」を見せている。

2005年にジャガーを買収し、ニューイ氏を獲得、2008年には初勝利をとチームを発足させたレッドブルと似たようなパターンに思える。

スパイカーがどこまでやれるかは未知数であるが、「やる気」はあるようだし、すぐにチームを売ってしまうようなこともなさそうだ。
カスタマーシャシー問題で開幕前からすでにトロロッソ、スーパーアグリを牽制する動きを見せ、当面のライバルチームに揺さぶりをかけている。コース上でも面白い戦いを見せてほしい。

2007/02/02

スーパーアグリにまた問題

今週行われているバレンシアの合同テストにスーパーアグリのテストドライバーとしてマシンに乗り込んでいたガルデが、スパイカーF1のテストドライバーとして発表された。

ガルデは昨年末にスーパーアグリとの契約が発表され、早くチームに貢献したいとコメントしており、スーパーアグリ側も困惑しているようだ。

オランダ色が強いスパイカーにオランダ人であるガルデが加入すること自体は何も問題はないが、先にスーパーアグリと契約し、前日までスーパーアグリのテストに参加していてのこの発表には驚きだ。スーパーアグリとの契約に何か抜け道があったのかどうかは分からないが、少なくともスーパーアグリ側がこれについて事前に知らされていないとするのなら、それは筋の通らない酷い話だ。

カスタマーシャシー問題で、これに強く反対しているスパイカーの嫌がらせなのだろうか。
2月2日11時50分(日本時間)時点のガルデの公式ウェブサイトはスーパーアグリのテストドライバーとトップページにデカデカと掲載しているのだが・・・。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ