« 上位3チーム、来シーズンは苦しむか? | トップページ | 片山右京、バイオフューエルでパリダカに挑戦 »

2006/12/23

スーパーアグリが憂慮すること

年内のオフ・シーズン・テストを終えた佐藤琢磨がチームは確実に進歩していると、2007年シーズンに向けて力強いコメントを聞かせてくれた。

チーム立ち上げに苦慮していた昨年に比べれば、状況は間違いなく良い。2年目となる2007年は開幕から3戦までにポイントを獲得したいという言葉が鈴木亜久里代表から飛び出るのもそうした状況からだろう。

今のルールではチームは独自に開発したシャシーをレースに用いなければならないとされている。このルールは2008年からは改訂され、他のコンストラクターが制作したシャシーも使えるようになる。

ルール改訂前ではあるが、スーパーアグリはホンダのシャシーを流用するものとみられ、トロロッソも兄弟チームであるレッドブルのものを流用するとみられている。2チームがどんな手段を用いてこのルールの網の目をくぐろうとしているのかは明らかではないが、ライバルであるスパイカーはこれを阻止する構えを見せている。

ホンダはかつての力を取り戻しつつある。レッドブルも豊富な資金力で着々とチーム力を増強している。
「出る杭は打たれる」のがF1だ。シーズンに入って、鈴木亜久里氏が言うようにポイントを獲得しようものなら、そこでルール違反という裁定を喰らう可能性は十分にあり得ることだ。

« 上位3チーム、来シーズンは苦しむか? | トップページ | 片山右京、バイオフューエルでパリダカに挑戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/13168866

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリが憂慮すること:

« 上位3チーム、来シーズンは苦しむか? | トップページ | 片山右京、バイオフューエルでパリダカに挑戦 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ