« 鈴鹿サーキット、大改修の予定 | トップページ | スーパーアグリが憂慮すること »

2006/12/23

上位3チーム、来シーズンは苦しむか?

2006年シーズンに勝利したルノーはその立役者であるアロンソがマクラーレンに移籍、フィジケラとコバライネンというラインナップで2007年を戦う。ルノー首脳は早くもフィジケラはいいドライバーだが、タイトル獲得には至らないという予測を出している。今からチーム首脳がこんな発言をするのはフィジケラへのプレッシャーなのだろうか?フィジケラがこれで奮起することに期待しよう。

フェラーリは皇帝M.シューマッハが現役を引退、マクラーレンからライコネンを獲得した。ライコネンには不運がつきまとう。トップを走りながらマシントラブルに見舞われる姿に強い印象を覚える。移籍して状況が変わるだろうか。そして、フェラーリにはマッサの更なる成長が期待されるところだろう。

マクラーレンは全くの新ラインナップとなる。ルノーから2006年チャンピオンのアロンソを迎い入れ、もう一人のドライバーにはルーキーのハミルトンを起用する。ハミルトンの力はまだ未知数だが、当面はアロンソの力に頼らざるを得ないだろう。

ドライバーラインナップを変えた年にすぐ成功をおさめるのは困難であると言われる。上位3チームともドライバー変更をしているのだが、ドライバーの名前だけで見ると、やはりルノーが見劣りする。チーム力をフルに発揮して戦う必要がありそうだ。

これに対し上位グループ入りを狙うホンダ、トヨタ、BMWは2007年も同じドライバーで臨む。上位3チームの中に割って入る可能は大いにありそうだ。

« 鈴鹿サーキット、大改修の予定 | トップページ | スーパーアグリが憂慮すること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/13168697

この記事へのトラックバック一覧です: 上位3チーム、来シーズンは苦しむか?:

« 鈴鹿サーキット、大改修の予定 | トップページ | スーパーアグリが憂慮すること »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ