« 第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース | トップページ | 2007年チーム別搭載エンジン »

2006/10/28

F.モンタニー

2006年に参戦を果たしたスーパーアグリにとって、モンタニーは欠かせない存在だった。
4年落ちのシャシーでシーズンのほとんどを苦しんだスーパーアグリだが、この苦しい時期で彼の存在は大きかった。

2003年にワールドシリーズ・バイ・ニッサン シリーズチャンピオン獲得、ルノーF1のテストドライバーも務める。2004年、2005年もルノーF1でサードドライバーを務めたが、2006年は鈴木亜久里率いる小さなチームに加入、テスト&リザーブドライバーとなる。

第5戦には念願のF1レースデビューを果たし、第7戦で初完走、第11戦母国GPとなるフランスでも完走を果たした。第12戦からは山本左近が走ることになり、モンタニーは再びリザーブドライバーとなった。
チームは新設計となる「SA06」を投入、モンタニーも金曜日のフリー走行で好タイムを記録する。最終戦のブラジルでは8番手タイムとトップ10以内に入る健闘を見せ、チームを勇気付けた。この最終戦、佐藤琢磨と山本左近が二人揃って完走、佐藤琢磨も今シーズン最高のリザルトを得ることができた。

個人的には今シーズン最後までモンタニーで戦ってもらっても良かったのではないかと思う。佐藤琢磨はともかく、他の日本人ドライバーは世界での実績と経験が求められている。

チームに「ありがとう」と言って去っていったモンタニーは来シーズンはトヨタのサードドライバーを務めることになった。トヨタと言えば、フランス人ドライバーで日本とも関わりが深かったパニスがトヨタから去ることになった。その代わりにモンタニーが行くことになった形だが、モンタニーも日本との関わりが深くなりそうだ。
彼が再びレースを走れるかはわからないが、良いマシンを得て走って欲しいものだ。

« 第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース | トップページ | 2007年チーム別搭載エンジン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/12464000

この記事へのトラックバック一覧です: F.モンタニー :

« 第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース | トップページ | 2007年チーム別搭載エンジン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ