« 第17戦日本GP これが時代の流れというものか | トップページ | 第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース »

2006/10/18

いよいよ2006年も最終戦

2006年最終戦がいよいよ今週末に迫ってきた。皇帝M.シューマッハの走りもこれで見納めだ。

見納めといえば、これまで無くてはならなかったタバコ広告が姿を消す。

そしてミシュラン・タイヤも今年限りで撤退。

ウィリアムズが来年はトヨタ・エンジンを搭載することで、コスワース・エンジンも恐らくこれでF1最後のレースとなる。

既に鈴鹿はひとまず日本GPの役目を終えている。

感慨深くなる・・・。

« 第17戦日本GP これが時代の流れというものか | トップページ | 第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/12334447

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ2006年も最終戦:

» おつかれさま、ミハエル・シューマッハ [Spolym/スポリン [スポーツBlog]]
 ジネディーヌ・ジダン、中田英寿、SHINJO。2006年は、余力を残して去っていくアスリートが多かった年として、記憶されるのではないだろうか。ミハエル・シューマッハもまた、250回めの出走という...... [続きを読む]

« 第17戦日本GP これが時代の流れというものか | トップページ | 第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ