« 第15戦 イタリアGP M.シューマッハが通算90勝、そして引退を表明 | トップページ | 第16戦中国GP 佐藤琢磨は善戦するも失格 »

2006/09/14

FIAはフェラーリを贔屓している?

マスダンパーの禁止、イタリアGPでのアロンソへのペナルティなどから、FIAはフェラーリを贔屓しているのではないかと言われている。
個人的にはFIAはフェラーリを贔屓しているわけでもないし、ルノーに冷たくしているわけではないと思っている。FIAはただ、F1をより面白い(?)ものにしようとしているだけなのだ。

M.シューマッハが勝ち続け他との差があまりにも開いてしまったときは、いかにフェラーリの独走を阻むよういろいろと手を打った。資金が豊富でたくさんのテストを行っていたフェラーリだが、コスト削減の名目でテスト日数などを制限するようにしたことはまさにフェラーリ対策だったと言える。

イタリアGPの結果でアロンソとM.シューマッハのポイント差は僅かに2ポイント差となった。そのうえM.シューマッハが引退宣言をし、彼がチャンピオンを獲得して去るかどうか、残り3戦の注目度は否応なしにアップする。

FIAはF1を面白くする(?)ため、まだまだいろいろな手を打ってくる。タイヤのワンメイク化にエンジン開発の凍結・・・。もしイコールコンディションなんてことになったら、それはF1がF1であり続けることになるのだろうか。

« 第15戦 イタリアGP M.シューマッハが通算90勝、そして引退を表明 | トップページ | 第16戦中国GP 佐藤琢磨は善戦するも失格 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/11885714

この記事へのトラックバック一覧です: FIAはフェラーリを贔屓している?:

« 第15戦 イタリアGP M.シューマッハが通算90勝、そして引退を表明 | トップページ | 第16戦中国GP 佐藤琢磨は善戦するも失格 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ