« アロンソ、タイトルに近づいた? | トップページ | FIAはフェラーリを贔屓している? »

2006/09/11

第15戦 イタリアGP M.シューマッハが通算90勝、そして引退を表明

前戦、M.シューマッハとのポイント差を12ポイントとしたアロンソだったが、15戦イタリアGPの予選で思わぬつまづき。予選走行中にまさかのタイヤバースト、困難な状況にありながらも5番手に入るも、予選後にマッサの走行を妨害したとしてベストタイムを抹消され、10番手に降格してしまった。

決勝でアロンソはあっという間に6番手まで順位を上げ、さらにその順位を3番手にまで上がってくる。しかし、これまで絶対の信頼性を誇っていたルノーエンジンが白煙を噴いて、アロンソはリタイアに追い込まれる。

M.シューマッハはライコネンをピット戦略でかわしトップに立ち、通算90勝を決める。アロンソとのポイント差は一気に2ポイント差まで詰まった。

M.シューマッハはレース後の公式記者会見で今シーズン限りで引退することを明らかにする。この日がいつかやってくることは間違いないのだが、それが今シーズンということになった。
残り3戦でわずかに2ポイント差という僅差。M.シューマッハがアロンソを逆転し有終の美を飾るか、アロンソが逃げ切るのか、目が離せない展開となった。

BMWのクビカが参戦3戦目で3位に入り初表彰台。かつてのチャンピオンのビルヌーブを追い出して獲得したシートで、その才能を世間に知らしめた。

山本左近は今回もリタイア。佐藤琢磨は油圧系のトラブルでTカーに乗り換えたが、ミッドランドのアルバースの前の16位で完走した。日本GPに向けて勇気づけられる走りだった。


« アロンソ、タイトルに近づいた? | トップページ | FIAはフェラーリを贔屓している? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/11849943

この記事へのトラックバック一覧です: 第15戦 イタリアGP M.シューマッハが通算90勝、そして引退を表明:

» ミハエル・シューマッハが引退宣言 [旬ネタブログ���はやり・流行・今が旬!]
ミハエル・シューマッハが引退を表明した。F1界の記録を更新し続ける彼は、ファン・マヌエル・ファンジオ、アラン・プロスト、アイルトン・セナらとともにF1史上に残るドライバーと言われている。ミハエル・シューマッハはドイツ人初のF1チャンピオンであり、2006年現在までのところドイツ人ドライバー唯一のF1チャンピオンでもあった。また一人消えて、F1界も寂しくなるなぁ。... [続きを読む]

» ミハエル・シューマッハ、引退発表 [1st-life NEWS]
皇帝の異名を持つミハエル・シューマッハが、とうとう引退だそうです。 ミハエル・シューマッハは、歴代最多7度の総合王座に輝いた、まさに「皇帝」です。F1を殆ど見ない自分でも、ミハエル・シューマッハの名前は知っています。 物事には終わりがあるのが当たり前です...... [続きを読む]

« アロンソ、タイトルに近づいた? | トップページ | FIAはフェラーリを贔屓している? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ