« アメリカGP、ここがフェラーリの反撃開始起点となるか | トップページ | ドイツGP、フェラーリとルノーのポイント差が縮まる! »

2006/07/17

フランスGP、M.シューマッハが連勝

前戦アメリカGPに続きM.シューマッハが2戦連続となるポール・トゥー・ウィンを飾った。アロンソは勝利を逃したものの巧みなピット作戦でマッサを逆転、最小点差を縮められるに留めた。
マッサはアロンソに仕掛けられても前を許さなかった。アロンソはコースで抜くのは難しいと見てピット作戦での逆転を狙った。そしてそれが功を奏し、見事にマッサの前に出て見せた。
フェラーリ、M.シューマッハの追撃が始まったが、アロンソがしっかり表彰台に上がってくるので、なかなか差を縮められない。この追撃はやや手遅れか・・・。
しかし、これから終盤にかけてフェラーリがどこまで攻め続けることができるかがレースを見るうえでの楽しみとなると言っても良いだろう。

トヨタはトゥルーリが良い位置でレースをするも、最後まで走れずリタイアに終わり残念な結果であったが、ピット作業で手間取り一度は順位を落としたラルフが4位に入る力走を見せたのはとても明るい材料だ。
それとは対照的にホンダは低迷を続けている。バリチェロ、バトン共にリタイア・・・この週末は全く良いところが見られなかった。
スーパーアグリは佐藤琢磨が早々にリタイアとなってしまったが、モンタニーが16位完走を果たし、母国グランプリを走りきった。ドイツGPでは山本左近がレギュラードライバーに昇格するためシートを失うが、母国グランプリで完走することができて本当に良かった。

« アメリカGP、ここがフェラーリの反撃開始起点となるか | トップページ | ドイツGP、フェラーリとルノーのポイント差が縮まる! »

コメント

kenさん、こんにちは。

アメリカ同様、ブリヂストンが速さを発揮しましたね。
マッサがいい仕事をしている!と思ったのですが、アロンソは流石に一枚上手でした(^^;

琢磨は残念でしたが、やっと登場のSA06がどれくらいのもなのか、期待しちゃいます。

タラふうさん、コメントありがとうございます。

コースではマッサはいい仕事をしていました。でも、2005年チャンピオンは伊達じゃありません。コースで抜けなければピット作戦で逆転です。

フェラーリはM.シューマッハを優勝させるだけでなく、コンストラクターズも諦めていないそうです。
きっと今回のようにピット作戦で逆転されないようにするでしょう。

スーパーアグリのSA06はぶっつけ本番です。本番でテストです。
でも、やはり期待してしまいます。
まずはミッドランドとトロロッソより前でフィニッシュですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/10973663

この記事へのトラックバック一覧です: フランスGP、M.シューマッハが連勝:

» F1 2006 第11戦 フランスGP 決勝 [めぃすた。の塔 ]
シュー兄、敵地でしてやったりの優勝おめっとぉ! BS効果で王者とのポイントを縮 [続きを読む]

» ルノーの甘いワナ(2006F1第11戦フランスGP) [BLACKLAND's BLOG]
7月16日,フランスの田園地帯にあるマニクール・サーキットで行われたフランスGPを回顧.前戦アメリカGPで1-2フィニッシュを果たしたフェラーリ.ここフランスでも好調を持続できるのか?では早速. フェラーリ2戦連続でフロントロウ独占 今回から若干予選形式が変わったのだが,その点に関してはさほど大きな違いがないので省略.ここでもM.シューマッハ(フェラーリ)とマッサ(フェラーリ)が好調を持続し,見事フロウトロウをフェラーリが独占.アメリカGPに関しては,インディカーやチャンプカーにもタイヤ供給... [続きを読む]

« アメリカGP、ここがフェラーリの反撃開始起点となるか | トップページ | ドイツGP、フェラーリとルノーのポイント差が縮まる! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ