« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/29

アロンソにまたひとつ栄冠

これまで未勝利だったモナコGPで若きチャンピオンのアロンソが勝利をおさめた。

M.シューマッハの予選での出来事でフェラーリはルノーとの差を縮めるどころか広げることになってしまった。M.シューマッハが故意にマシンをコース上に止め、アロンソのアタックを邪魔したとは思わないが、モナコGPを観戦する楽しみは半減していまった。

レースが始まってみると、ライコネンとアロンソの攻防にウェバーの追い上げもあって見ごたえがあった。
しかし、それもウェバー、ライコネンがマシントラブルで脱落してしまい、ほぼこれでレースは決まってしまった。

佐藤琢磨もマシントラブルで完走を果たすことができず残念。モンタニーは初完走をモナコで決め、とりあえずあと3戦はスーパーアグリで走ることが決まっており、これからの走りも楽しみだ。

2006/05/16

アロンソ、母国GPで勝利

アロンソが地元スペインでポール・トゥーフィニッシュの完璧な走りで勝利。
ケチのつけようのないこの勝利は2連勝でいき上がるフェラーリM.シューマッハが勢いに乗ることを阻んだ。

いつもの勝ちパターンに持ち込めなかったM.シューマッハだが、次のモナコは得意のコースで再びアロンソ追撃に勢いをつけたいところだ。

6戦を終えて、タイトル争いは早くもアロンソとM.シューマッハに絞られてきたが、この二人の戦いに大きく左右するのはフィジケラとマッサの戦いぶりだ。スペインGPではフィジケラがM.シューマッハに逆転を許してしまった。ヨーロッパGPではマッサが初表彰台を決めたとはいえ、アロンソには届かなかった。
この二人がそれぞれ相手を抑えることができるかどうかが鍵になる。

スーパーアグリはヨーロッパ・ラウンドでの初完走を果たした。佐藤琢磨の頑張りは素晴らしい。ニューマシンの投入でどこまで戦うことができるようになるのか楽しみだ。
井手有治のライセンス剥奪は厳しすぎる処分だ。経験のあるモンタニーもマシントラブルに見舞われるなどで2戦走ってまだ完走できないでいる。無念の井手有治の分まで戦ってもらいたいものだ。

2006/05/11

オールジャパンに暗雲!井手有治のスーパーライセンス剥奪・・・

FIAは井手有治のスーパーライセンス剥奪の決定を下した。

昨年のBARホンダに対する裁定も厳しいものだったと感じたが、今回はそれ以上に思える。
かつてレース中に接触事故を起こしたドライバーに対し、ライセンスを剥奪するようなことはあったのだろうか?
よく接触事故を起こすドライバーも過去にはいたはずだ。

確かにシーズン前にテストする機会もほとんどなく、シーズンに突入しても状況は変わらない。経験不足は否めない。しかし、曲がりなりにも一度は発給したライセンスを剥奪するとは・・・、挽回のチャンスも与えられないのか・・・。

とにかく、期待のジャパンパワーはもうひとつ壁を乗り越えられない。トヨタもホンダも足踏み中だ。
これを契機に日本勢は奮起してもらいたい。
そして井手有治の復帰を願うばかりだ。

2006/05/08

M.シューマッハ、2戦連続の勝利!!

2006年第5戦ヨーロッパGPでフェラーリのM.シューマッハが2戦連続となる勝利を飾った。
予選ではルノーのアロンソがポールを獲得、決勝のスタート後の1コーナーも制し、M.シューマッハを従えての走行。1回目のピットストップを終えてもM.シューマッハに前を許さなかった。2回目のピットもルノーが先に動く。フェラーリはマッサからピットに入れるが、マッサはアロンソの後方のままでコースに戻る。続いてM.シューマッハが2回目のピット。アロンソがピットに入ってから最速ラップを刻んだこともあり、アロンソの前でコースに復帰、見事な逆転劇を見せた。
前戦に続き、終始トップ争いから目を離せない、面白いレースとなった。
フェラーリのルノー追撃が始まりこの先のレースも見逃せない。

井手有治の降格で注目されたモンタニー。フリー走行では佐藤琢磨を上回るタイムを見せるなど、その走りに期待がかかった。残念ながらマシントラブルで初戦を完走することができず、佐藤琢磨のマシンにもトラブルが発生し、2戦連続で2台ともリタイアとなってしまった。
佐藤琢磨はスタートで大きく順位を上げる好走を見せた。しかし、マシン性能の差からズルズルと順位を落とし、結局最後はリタイア。やはり、新型シャシー投入が待ち遠しい。

2006/05/05

FIAの勧告

スーパーアグリの鈴木亜久里代表が次のヨーロッパGPで井手有治に替えて第3ドライバー契約をしたばかりのモンターニュを起用することを明らかにした。

前戦でアルバースと接触した際、注意を受けたがペナルティを科されることはなかった。しかし、一部で井手有治のドライビングに対し酷評する人もおり、井手有治の立場は危ういものになっていた。

鈴木亜久里代表はもっと経験させるべきというFIAからの勧告を受け入れることにした。
井手有治は与えられた環境の中で努力していた。第3戦では完走を果たしたし、チームメイトの佐藤琢磨とのタイム差も縮めてきており、「さあ、これからだ!」と、そういう感じだったのではなかろうか。

この一件が彼の闘志に火をつけるものであってほしい・・・。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ