« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

井手有治、厳しい序盤戦

スーパーアグリという新チームからF1デビューを果たした井手有治だが、これまでのところ辛いF1生活を送っている。
新チームで使用するマシンは4年落ちの前アロウズのマシン。当然のことながら結果云々ではなく、完走することすら難しいと思われていたので、それを走らせるドライバーの力量がどうのうこうのと言える状態ではないと思っていた。

しかし、佐藤琢磨がこの予想に反して健闘し、開幕から3戦連続完走をしてみせた。また、たとえ非力なマシンとは言え、簡単にパスさせないファイトを見せ賞賛に値する走りをしてきている。

佐藤琢磨の健闘はチームにとっても大きなモチベーションにつながるが、井手有治にとっては逆に辛い状況に追いやられる原因のひとつになってしまったのかも知れない。
開幕から2戦連続でリタイアに追い込まれ、佐藤琢磨と比較してタイムが1秒も2秒も遅いことを周囲から指摘されてしまったのだ。第3戦目にしてようやく初完走という結果を出せ、エンジニアともミーティングを行い、佐藤琢磨とのタイム差を縮めてきた。

そんな矢先、第4戦でミッドランドのアルバースと接触するアクシデントを起こす。この一件はF1ドライバーの力量に達していないとの酷評をうけ、井手有治の立場を確実に悪い方向に向かわせたてしまった。

これまで十分なテストの時間が与えられてこなかったこともあり、鈴木亜久里代表は井手有治を擁護する。それでも、継続して起用するかどうかは自分ひとりだけで決めることではないと語っている。

恐らく、これまで持てる力を存分に発揮できるような状況になかったのだろう。それでもドライバーは結果が求められる。
佐藤琢磨もレース中にいくつかアクシデントを起こし、ライバル達からあいつは素人だとまで言われたことがある。皇帝M.シューマッハと衝突して、M.シューマッハにヘルメットを軽く叩かれるシーンも見られた。
それでもしぶとくF1に居残り続けている佐藤琢磨のように、井手有治もしぶとく残り続けてもらいたい。

スーパーアグリは第3ドライバーとして再びモンターニュを起用することを明らかにした。井手有治は佐藤琢磨だけでなくモンターニュとも比較されるに違いない。モンターニュは周囲からの評判もいい逸材だ。来年はホンダからデビッドソンを移籍させるなんて話しまであがってきている。

F1レーサーになるのも大変だが、F1レーサーであり続けることはこれもまた厳しい。
井手有治の頑張りに期待したい。


2006/04/24

M.シューマッハ、今季初勝利!

セナのポール獲得記録を破ったM.シューマッハがサンマリノGPを制し今季初優勝を飾った。
5番手スタートのアロンソがトップのM.シューマッハを猛追、レースはこの二人の白熱の戦いで緊迫したものになった。最後にアロンソがミスし二人の距離が少し離れてしまったが、見ごたえのある戦いだった。

これでフェラーリが完全復活を果たしたと言えるかどうかはわからないが、ルノーの独走はないのかも知れない。
好グリッドからスタートしたホンダだったが、ピット作業がうまくいかず自滅、バリチェロも元気がなかった。トヨタもトゥルーリが早々にリタイア、これまで開幕前に期待されたほどの活躍は見られない。いつこの壁を乗り越えることができるのだろうか・・・。

前戦では2台揃って完走を果たしたスーパーアグリだったが、今回は残念ながら2台ともリタイアに終わった。フリー走行ではライバルのミッドランドとのタイム差をつめてきており、井手有治も佐藤琢磨とのタイム差をこれまでよりも小さくしてきていただけに残念な結果だった。
とにかく、新型シャシーの投入を待ちたいところだ。

2006/04/22

出張

これまで出張なんてしたことがなかったのだが、先週末から今週初まで出張というものをしてきた。

この出張の準備やらなんやらで、ブログもホームページの更新も手がつけられなかった。F1のオーストラリアGPからこの週末のサンマリノGPまでの3週間、私もインターバルを置いてしまった。
さすがにこれだけ放っておくとアクセス数がガクンと落ち込んでしまうんだなと、改めて継続することの大切さを身にしみて感じた。

いろいろと忙しかったし、疲労度もあったが、たまには出張もいいもんだなんて思ったりもする。
世界各地を転戦するF1界では時々、家族との時間を大事にしたいという理由で去っていく人もいる。出張が度重なると、私もそんな思いを持ったりするのだろうか・・・。

2006/04/03

スーパーアグリ、まず最初の目標を達成!

いつもF1カレンダーにあわせていろいろなスケジュールを考えるのだが、この週末はどうしても外せない都合ができて、F1の情報はおろか、インターネットからも隔絶されてしまっていた。今朝、録画していたオーストラリアGP決勝をようやく見ることができた。

新チームで奮闘する佐藤琢磨、井手有治はマシントラブルでまだ完走を果たすことができていなかった。フォーメーション・ラップでモントーヤがスピン、その後もセーフティー・カーが4度も入るなど波乱のレースだったが、スーパーアグリの2台は最後まで走りきり、2台揃っての完走を第3戦目にして果たした。
この結果には、とにかくおめでとうと言いたい。
短期間で立ち上げたチーム、4年落ちのシャシー、鈴木亜久里代表の言うように最初から結果は期待していなかった。それでも、これまでの結果は予想以上のものと言える。
ヨーロッパラウンドに入る次戦からの戦いも楽しみだ。

開幕からルノーが3連勝、アロンソが2勝、フィジケラが1勝をあげている。序盤の出だしとしては上々だ。
マクラーレンは第3戦にして表彰台にあがったが、安定感がもうひとつのように思われる。フェラーリは開幕戦こそ、そこそこの戦闘力を見せたが、2戦目、3戦目はいいところがない。
期待された日本勢のトヨタ、ホンダ、ブリヂストンも未だ目覚めていない。今回、トヨタのラルフが表彰台に上がったことは明るい材料のひとつだろう。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ