« ブルツ、積年の願いは叶わないか | トップページ | カーティケヤンの望み »

2006/01/01

2006年シーズンは・・・

明けましておめでとうございます。
最年少チャンピオンが誕生し世代交代が起きているという印象が残った2005年シーズンでしたが、2006年は皇帝M.シューマッハが復活するか、若い力がさらに輝くか楽しみです。

アロンソが2007年にはルノーからマクラーレンに移籍するということが2006年シーズンが始まる前に明らかにされました。ベテラン勢の契約も2006年までとなっているようで、若手がその後釜を狙ったり、ベテラン勢が良いパフォーマンスを見せてF1シーンに留まろうとするか、こうした争いも激化しそうな様相です。

レッドブルの力もあなどれません。BMWを失ったウィリアムズ、単独チームとなるBMWもどのような戦いをするのか注目です。

そしてトヨタの初優勝、ホンダの復帰後の初優勝が見られるか、スーパーアグリF1は、佐藤琢磨は?日本勢の活躍にも期待がかかります。

2006年シーズンもこの「1stRow」でおつきあいいただければ幸甚です。

« ブルツ、積年の願いは叶わないか | トップページ | カーティケヤンの望み »

コメント

明けましておめでとうございます。q(▽≦q)アミーゴ!!(p≧▽)p♪
今年もヨロシクです! です! で~す!

そうですよね、今年は大きな変化が訪れるかもしれない年。
日本人にとってはやはりスーパーアグリから目が離せないシーズンになりそう。成績抜きに頑張って欲しいです。ウィリアムズの底力、ミハエルやクルサードのベテランとライコネン、アロンソといった新世代をになう若手との対決。
本当に楽しみですね。

 明けましておめでとうございます。

 僕も同感。シューマッハの逆襲によって三つ巴の戦いが見られることを期待したいですね。
 そして、やはり日本人としては唯一の日本人ドライバーとなるであろう佐藤琢磨を応援します。

 今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/7935361

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年シーズンは・・・:

» 今年もヨロシク! [ヤジウマF1観戦記]
明けましておめでとうございます。昨年2月にスタートしたヤジウマF1観戦記はいろいろな方に支えられて続けることができました。今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]

« ブルツ、積年の願いは叶わないか | トップページ | カーティケヤンの望み »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ