« 10チームが承認 | トップページ | 2006年シーズンは・・・ »

2005/12/26

ブルツ、積年の願いは叶わないか

マクラーレンが来季テストドライバーとしてゲイリー・パフェットの起用を決めた。
パフェットは2005年のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)チャンピオン。1999年には「マクラーレン・オートスポーツ・ヤングドライバー・アワード」を受賞している。
チームのリリースには「ゲイリーはライコネン、モントーヤ、そしてデ・ラ・ロサと共に今後数か月でチームの2006年コンテンダー「MP4-21」の開発に当たるだろう」としており、そこにはこれまでテストドライバーを務めていたブルツの名前がなかった。

ブルツは1997年、ベルガーの病欠の代打としてベネトンからグランプリデビュー。イギリスGPでは見事3位表彰台に上がった。翌年ベネトンの正ドライバーのシートを獲得し、入賞6回(うち4位が5回)という活躍を見せた。2001年にそれまでマクラーレンの第3ドライバーを務めていたパニスがBARに移籍したのと入れ替えでマクラーレンの第3ドライバーを務めていた。

ブルツの今後の去就は明らかにされていない。

ブルツの願いは再びレギュラーシートを獲得することで、F1に留まるためにテストドライバーという道を選んでいたのだが、その積年の願いが叶わぬままF1を去ることになるのだろうか。

« 10チームが承認 | トップページ | 2006年シーズンは・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/7827574

この記事へのトラックバック一覧です: ブルツ、積年の願いは叶わないか:

« 10チームが承認 | トップページ | 2006年シーズンは・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ