« ルノーが有終の美を飾って2005年シーズンの幕を閉じる | トップページ | 東京モーターショー »

2005/10/23

コスト削減は何のため?

ジョーダンは昨シーズンに既に身売りされたが、今シーズンの終わりに3チームも同時にそのチーム名での活動を終えることになった。

ザウバーは立派な風洞設備を有しながらも、資金面からその稼働率を上げることができず、健闘むなしく、BMWに身売りすることとなった。

ミナルディは常に資金面で苦労していたチームだったが、トゥルーリ、アロンソ、ウェバー等を輩出した。そんなミナルディもついに身売りすることとなってしまったのだ。

M.シューマッハが衝撃のF1デビューを果たしたチームであるジョーダンもその名を消す。フロントノーズに蛇のペイントを施すなど、何かと話題の多いチームだった。佐藤琢磨もこのチームからF1デビューを果たした。

こうしたプライベーターが姿を消していく中、エンジン・メーカーによるワークス・チームが台頭してきた。BMWがザウバーを買収、ホンダもBARの株式を全て取得し、100%ホンダによるチーム運営が来年から始まる。

そして、ミナルディを買収したのはレッドブル。ジャガーを買収して2005年から参戦を果たしているレッドブルだが、さらにセカンド・チームを持つことになった。残るチーム枠の2つについても、11番目のチームとして話題に上がっているのがホンダ、12番目のチームはマクラーレン。どちらも既にF1チームを運営している。

このような流れをみていると、コスト削減の改革は何のためだったのかわからなくなってくる。

F1はフォーミュラレースの最高峰に位置づけられる。ドライバーの技術もさることながら、そこに投入されるテクノロジーも最先端であり続けている。だからこそ参戦する意味があるのだろうし、資金投入する価値もあり、観る方も興味がそそられる。そう考えると、今の流れは至極当然なのかも知れない。

F1に参入しようとするプライベーターは莫大な資金を要することは覚悟してきていると思う。それでもF1に居続けるのは困難なことが多いようだ。何はともあれ、そんなF1に情熱を傾けた彼等に賛辞を送りたい。

« ルノーが有終の美を飾って2005年シーズンの幕を閉じる | トップページ | 東京モーターショー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/6526880

この記事へのトラックバック一覧です: コスト削減は何のため?:

« ルノーが有終の美を飾って2005年シーズンの幕を閉じる | トップページ | 東京モーターショー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ