« 波乱のベルギーGP | トップページ | 皇帝の苛立ち »

2005/09/13

ライコネンの逆転の可能性は?

ベルギーGPを制し、タイトル争いに望みをつないだライコネンだが、アロンソとのポイント差は25ポイントある。
残り3戦を全て優勝して30ポイントであることから、アロンソは6ポイント獲得すればタイトルを手中にすることができることになる。

これまでのアロンソの入賞率は80%を超えている。しかも入賞すれば90%を超える確率で表彰台をゲットしているのだ。これに対しライコネンはマシンの信頼性が影響し、入賞率は70%に満たない。入賞すれば表彰台に上がる確率はアロンソ同様90%を超え、優勝する確率は50%を超えているが、アロンソは優勝する必要はなく表彰台に1度上がりさえすればよいのだ。

マクラーレンが1-2フィニッシュで完璧なレースをしたとしても、アロンソはその後ろでゴールすればいい。
こうして見るとアロンソのタイトル獲得は限りなく間違いなく、ライコネンの望みはほんの僅かなものでしかないことになる。

こうなるとライコネンは、M.シューマッハの一矢報いる走りに期待するか、ここ7戦連続してポイントをあげているバトンに期待するしかない。

次のブラジルGPでアロンソのタイトル獲得を阻止し、日本GPで日本勢が活躍し、タイトル争いは最終戦にもつれるといった展開になると観ているほうはものすごく面白くなるのだが・・・。

« 波乱のベルギーGP | トップページ | 皇帝の苛立ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/5921989

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネンの逆転の可能性は?:

« 波乱のベルギーGP | トップページ | 皇帝の苛立ち »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ