« ライコネン、アロンソを追い上げる勝利 | トップページ | 佐藤琢磨の13戦を振り返る »

2005/08/02

ポイント争いの行方(残り6戦時点)

13戦を終え、ポイントリーダーのアロンソは合計87ポイント、これを追うライコネンは61ポイント、M.シューマッハは55ポイントとなった。
アロンソは残り6戦で3勝をあげれば(117ポイント)例え残りの3戦がノーポイントであってもライバル達は追いつけない。(ライコネン-3勝/残り2位→115ポイント、ミハエル-3勝/残り2位→109ポイント)

マクラーレンの速さは他を圧倒しており、勝利への流れはマクラーレンにあると言ってもいいほどだ。唯一の心配はマシンの信頼性だ(人為的ミスが原因とも言われているが、それを含めての信頼性)。ドイツではライコネンが、ハンガリーではモントーヤが優位にレースを進める中、まさかのスローダウンを演じている。

スポーツの世界では守りに入ると良くないと言われることがある。アロンソはどうだろうか?攻める気持ちでいるのだろうか?
アロンソを精神的に追い詰めるにはマクラーレンがルノーの前でフィニッシュし続けることだろう。フェラーリやトヨタやBARも表彰台を求めて挑んでくる。

さまざまな重圧に打ち勝つことができればアロンソはタイトルをものにすることができる。その重圧を軽くするには次のトルコGPで勝利するのが一番だろう。

« ライコネン、アロンソを追い上げる勝利 | トップページ | 佐藤琢磨の13戦を振り返る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/5272115

この記事へのトラックバック一覧です: ポイント争いの行方(残り6戦時点):

» F1ハンガリーGP琢磨やっとポイントGET [芸能&スポーツ瓦版]
昨日F1第13戦であるハンガリーGPが行われ 佐藤琢磨が10番手からスタートし8位でゴールし やっと今季初のポイントである1点をGETした(-^○^-) 今レースでは総合ポイント2位のライコネンが優勝し 1位のアロンソがポイントを11位でGET出来ず アロンソ... [続きを読む]

« ライコネン、アロンソを追い上げる勝利 | トップページ | 佐藤琢磨の13戦を振り返る »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ