« FIAのアンケート | トップページ | ついに四面楚歌か »

2005/06/06

エースはどっち?

ミナルディからF1デビューを果たし、その初戦で入賞、周囲から注目を浴びることになったM.ウェバーは、その後ジャガーへ移籍、今シーズンはウィリアムズのシートを獲得、あっという間にトップチームへと駆け上っていった。

一方、チームメイトとなったN.ハイドフェルドはウェバーとは全く異なるキャリアを積んできた

メルセデス配下で才能あふれるドライバーであったハイドフェルドはプロストGPからF1デビューを果たし、その後ザウバーに移籍するもメルセデスは若いライコネンでF1を戦うこと選んだ。
今シーズン、ピツォニアとの熾烈なシート争いを制しやっと掴んだトップチームでのシートで序盤からウェバーを凌ぐ結果を出している。

エースは自分だという自負を持つウェバーは、給油のタイミングなどでチームに対する不満を漏らす場面があった。しかしチームは「ウチは速い方を優先する」と、このウェバーの不満については取り合わない。

ウェバーがこうした立場に立たされるのは、彼のこれまでのF1でのキャリアの中では初めてのことだろう。今のウェバーの目にはチームメイトのハイドフェルドしか映っていないのかも知れない。

この二人の戦いがいい方向に作用するか、今後のレースを見守りたい。

« FIAのアンケート | トップページ | ついに四面楚歌か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/4444213

この記事へのトラックバック一覧です: エースはどっち?:

» ハイドフェルド F1勝利はまだ遠い [M小林の日々思うこと]
モナコ、ヨーロッパGPと連続して2位表彰台にたったBMW ウィリアムズのニック・ [続きを読む]

» BMWウィリアムズ〜ハイドフェルド「まだ勝つ状況じゃない」 [BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ]
絶好調のハイドフェルドですが、こんな冷静なコメントが出ています。 ニック・ハイドフェルド 今年ここまで実際にレースで勝ったのはルノーとマクラーレン。 でも彼らとわれわれとではまだ全然違うんだ。ウィリアムズがすぐレースに勝つとは僕はまったく考えていないね。 それでももちろんこれは僕のこれまでのF1生活において最高の状況だよ。不満を言うつもりでは全然ない。 もし僕のこの分析が間違っているのなら、それはそれで最高なんだけれどもね。... [続きを読む]

« FIAのアンケート | トップページ | ついに四面楚歌か »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ