« ルノーを追いかけろ! | トップページ | 復調BARに厳しい裁定 »

2005/05/02

ザウバー、うまく回り始めた?

開幕から元チャンピオンのビルヌーブより遅いのはジョーダンとミナルディしかいないという状況が続き、周囲からはビルヌーブの代わりのドライバーの名前が囁かれるほどであった。

ビルヌーブはマシンが遅いと言っていたが、同僚のマッサはそこそこの走りを見せ、第3戦のバーレーンGPでは7位入賞、今シーズンの初ポイントをチームにもたらした。これでビルヌーブの立場はますます苦しくなったと思われたが、チーム代表のザウバー氏はビルヌーブを擁護していた。

こうした状況で迎えた第4戦サンマリノGPでビルヌーブは6位入賞を果たし、レース後に「やっと物事がうまく回りはじめた」と語った。ザウバーは風洞実験を繰り返しエアロダイナミックスを改善してきた。この効果がサンマリノGPであらわれてきたという。

交代などと言わせない走りをみせることができるか、ザウバー氏の期待に応えることができるか、次戦スペインGPはビルヌーブにとって頑張りどころだ。

« ルノーを追いかけろ! | トップページ | 復調BARに厳しい裁定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/3943290

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー、うまく回り始めた?:

« ルノーを追いかけろ! | トップページ | 復調BARに厳しい裁定 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ