« 新型車投入も・・・ | トップページ | ヨーロッパ・ラウンド »

2005/04/12

ドライバー達のもうひとつの戦い

開幕前、ウィリアムズのシートをハイドフェルドとピッツォニアが激しく争った。テストでのタイムは二人にそれほどの差は見られなかったが、シートを獲得したのはハイドフェルドだった。ハイドフェルドの成績が思わしくなければ当然ピッツォニアに取って代わられてしまうところだが、第2戦で3位表彰台に上がり、ピッツォニアを推していたというウィリアムズ代表もその実力を認めたという。

レッドブルのクリエンもレッドブルの若手育成プログラムに参加するリウッツィとシートをシェアする。開幕から3戦を走ったクリエンは第3戦は残念ながらマシントラブルに見舞われたが2戦連続入賞を果たしチームに貢献した。チームはクリエンの働きを評価するも予定通り第4戦からはリウッツィを起用する。初参戦のリウッツィにはクリエンに遜色の無い結果を出さねばならないプレッシャーがかかるだろう。

負傷のため欠場したモントーヤに代わって3年ぶりにレースにでたマクラーレンのデ・ラ・ロサ。数々のバトルを試み、ファステストも記録、最終的に5位入賞を果たすも、一部ではもっとやれたはずだと厳しい評価も。本来ならブルツが代役を務めるところだが、マクラーレンの新型車は長身のブルツには合わなかった。チームはバーレーンGPまでに急いでブルツが乗れるようにし、金曜日のフリー走行にはブルツがいきなりトップタイムを記録した。もし次戦もモントーヤが欠場することになった場合、どちらが代役を務めるかはまだわからない。

« 新型車投入も・・・ | トップページ | ヨーロッパ・ラウンド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/3666573

この記事へのトラックバック一覧です: ドライバー達のもうひとつの戦い:

» F1 2005バーレーンGP決勝 [ブログアフィリエイト by Dio's Room]
2005年FIA F1世界選手権シリーズ第3戦バーレーンGP決勝が行われました! リザルト ⇒ F1Racing.net [続きを読む]

« 新型車投入も・・・ | トップページ | ヨーロッパ・ラウンド »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ