« ヨーロッパ・ラウンド | トップページ | ザウバー、うまく回り始めた? »

2005/04/30

ルノーを追いかけろ!

第4戦のサンマリノGPを終え、ここまでルノーが4連勝。開幕戦はフィジケラ、後はアロンソの3連勝とルノーが上々の滑り出しでタイトル争いをリードしている。
ルノーのアロンソはこれまでも最年少記録を更新してきたが、今シーズンは最年少チャンピオンの記録更新を期待する声が高まってきた。この調子が続けば、この話も夢ではなくなりそうだ。

しかし、皇帝M.シューマッハがこのまま易々とチャンピオンの座を明け渡すはずがない。サンマリノの予選では痛恨のオーバーランを喫し後方に沈んだが、決勝ではこれを帳消しにする走りを見せた。マクラーレンのライコネンの脱落によりトップを単独走行していたルノーのアロンソの直後に迫り最後の10周は見応えのある勝負を展開した。
結局アロンソを下すまでには至らなかったが、新型車「F2005」を得てM.シューマッハがいよいよ本領を発揮することができるようになったといえる。

BARホンダもサンマリノGPではバトンが3位、佐藤琢磨も5位に入ってダブル入賞を果たした。両ドライバーがやっと本来の力を出せる状態に戻ってきた。悲願の優勝に向けてやっとスタートラインに乗った。
しかし、気になるのはサンマリノGPのレース後に起きたマシンの重量問題。復調したチームに冷や水が浴びせられる可能性もある。成り行きが心配だ。

サンマリノGPでポールに立ったマクラーレンのライコネン。スタートでトップを守り、2番手アロンソをも突き放していく走りを見せていた。残念ながらドライブシャフトのトラブルで戦列から離れることになったが、モントーヤの代役のブルツが5年ぶりのレースで4位入賞を果たしている。
モントーヤの復帰はスペインGPからと言われていたが、欠場する可能性もあるようだ。しかし、マシンの信頼性が上がればマクラーレンの追い上げもあり得るかも知れない。

« ヨーロッパ・ラウンド | トップページ | ザウバー、うまく回り始めた? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/3926203

この記事へのトラックバック一覧です: ルノーを追いかけろ!:

» 序盤戦 その1 [TVでF1観戦クラブ]
久々にレースだったというのが大方の見方のようだ。 サン・マリノGPは、アロンソが3連勝目。 1周で4秒も速いクルマが、オーバーテイクできない。これが今のF1ということだ。 11年前、やはり対等著しい若者が当時のキングと肉薄のレースを見せていた。 逃げるセナ、追うシュ..... [続きを読む]

« ヨーロッパ・ラウンド | トップページ | ザウバー、うまく回り始めた? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ