« N.ハイドフェルドのF1デビューを振り返る | トップページ | いよいよ開幕!! »

2005/02/27

F1耐久レースと呼ばないで

2005年のF1は大きくレギュレーションが変更される。
安全面からの考慮から、マシンはフロントウィング高さなどでスピードを抑える目的のレギュレーションになった。
更にF1にかかるコスト削減を目的に、2004年の1レース1基のエンジンから、2レース1基のエンジンに、タイヤは1レース1セットのタイヤ(これはスピード低減の目的もある)のみ使用することを許され、レース中のタイヤ交換はパンクチャーなど以外では基本的に禁止となった。

マシンのパワーが増しスピードも増せば、安全面への対策もそれにあわせて打っていかなければならない。この面でのFIAの努力は素晴らしく、最近では大きなアクシデントが起きてもドライバーが身体的に大きなダメージを受けることが見られなくなってきている。

プライベーターが次々とチーム運営に破綻、チーム売却などの憂き目にあっていること、資金が潤沢であるフェラーリがここ数年圧倒的な強さを見せていることなどでコスト削減は最近になって課題になっている。

しかし、今回のレギュレーションについては既にいろいろと言われている。
1戦目でフィニッシュできなかった場合はペナルティなしに2戦目に新しいエンジンを使用できる救済策がとられているが、これは1戦目でポイント獲得がならない場合、あえてレースをフィニッシュせず、2戦目で新しいエンジンを得るということを引き起こしかねないという話がその例のひとつだ。
また、エンジン、タイヤを壊さないように走らねばならなくなることから、バトルがさらに減るのではないかとも危惧されている。

2004年、佐藤琢磨の走りに多くの人たちが魅了された。琢磨の果敢に攻める姿勢は間違いなくレースを盛り上げた。今回のレギュレーション変更により何人かのドライバーは自らのドライビングスタイルを変えなくてはならなくなると言われており、2004年の琢磨のような果敢に攻める走りは陰を潜めるかも知れない。

これらは実際開幕してみないとなんとも言えないのかも知れないのだが、"F1耐久レース"にはならないことを期待したい。


« N.ハイドフェルドのF1デビューを振り返る | トップページ | いよいよ開幕!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/3092310

この記事へのトラックバック一覧です: F1耐久レースと呼ばないで:

« N.ハイドフェルドのF1デビューを振り返る | トップページ | いよいよ開幕!! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ