« M.シューマッハのF1デビューを振り返る(2) | トップページ | 腰は大事に »

2004/12/29

J.ビルヌーブのF1デビューを振り返る

ウィリアムズは1992年、1993年、1994年とコンストラクターズのタイトルを獲得、加えて1992年はN.マンセル、1993年はA.プロストがドライバーズチャンピオンシップのタイトルを獲得している。

1994年にはA.セナを迎え入れたが第3戦サンマリノGPの事故で帰らぬ人となってしまった。セナの後をD.クルサードが引き継ぎ、最後にはN.マンセルを呼び寄せD.ヒルとともにシーズンを乗り切りコンストラクターズのタイトルを守った。

1995年の8月、ウィリアムズは当時アメリカのインディカー・シリーズのポイントリーダーであるJ.ビルヌーブをシルバーストーンの合同テストに参加させた。ビルヌーブは当時のウィリアムズのエースドライバーであるD.ヒルに迫るタイムを叩き出しその実力を知らしめた。このビルヌーブの走りにD.ヒルは「タイムだけ見でも、ジャックというのは只者じゃないね」とコメントしている。

そしてF1のテストに参加した2週間後にビルヌーブの1996年のウィリアムズ入りが明らかになった。その翌日にはベネトンでウィリアムズのD.ヒルとタイトル争いを演じていたM.シューマッハのフェラーリ入りも明らかになっている。

3年連続でタイトルを守ってきたウィリアムズだが、1995年シーズンはM.シューマッハ率いるベネトンにタイトルを奪取される。

こうした中、J.ビルヌーブはインディ500で勝利、インデイカーシリーズでもチャンピオンを獲得して鳴り物入りでF1に参入してくる。

1996年開幕戦、ビルヌーブはいきなりポールポジションを獲得し鮮烈なデビューを果たす。決勝ではチームメイトのヒルに破れ惜しくも2位になるがF1参戦1戦目でポール&表彰台にファステストラップという偉業を成し遂げた。

第2戦はリタイアに終わるものの、第3戦では再び2位。そして第4戦目にして初優勝を飾る。
ビルヌーブはこの年、4勝を勝ちとる。チームメイトのヒルが8勝をあげドライバーズチャンピオンシップのタイトルを獲得、チームもコンストラクターズのタイトルを奪還した。

翌年の1997年、D.ヒルが移籍しビルヌーブがウィリアムズのエースドライバーとなる。そして7勝をあげわずか2年目にしてF1の頂点に立った。

1999年に新生のBARに移籍し2001年には一時撤退していたホンダの復帰後初の表彰台を獲得したが、長く低迷する。2003年には翌年のシートを佐藤琢磨に奪われることが決まり最終戦の日本GPの出場を辞退した。

2004年第16戦でルノーからF1に復帰、2005年はザウバーで走る。かつての輝きを取り戻すことができるか。

« M.シューマッハのF1デビューを振り返る(2) | トップページ | 腰は大事に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/2403973

この記事へのトラックバック一覧です: J.ビルヌーブのF1デビューを振り返る:

» F1(Keyword Search) [キーワードサーチ]
livedoor未来検索<スコア順検索>にて、ただいま注目を集めているキーワード「F1」でこちらの記事が35290件中、上位 15位にあるため、キーワードサーチのブログランキングで紹介させていただきました... [続きを読む]

« M.シューマッハのF1デビューを振り返る(2) | トップページ | 腰は大事に »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ