« M.シューマッハのF1デビューを振り返る(1) | トップページ | M.シューマッハのF1デビューを振り返る(2) »

2004/12/23

琢磨の2004年

フル参戦2年目の佐藤琢磨だったが、2年目ということを忘れてしまうほどの結果を見せてくれた。
決勝グリッドはこれまで片山右京が最高位だった5番手を上回る3番手を獲得、その後自身の最高位を更新して2位を獲得、決勝でもこれまで鈴木亜久里の3位に並び日本人として二人目の表彰台に上った。入賞回数も早くも中嶋悟の10回を上回る11回。

エンジン・ブローや接触を繰り返した佐藤琢磨も最後の4戦で連続入賞しチームのコンストラクターズ2位に大いに貢献した。成長を見せてくれた1年だった。

2005年も同じBARから参戦する佐藤琢磨のさらなる成長が楽しみだ。

« M.シューマッハのF1デビューを振り返る(1) | トップページ | M.シューマッハのF1デビューを振り返る(2) »

コメント

予選2番手が最高グリッドだと思います

通りすがりさん、ご指摘ありがとうございます。

琢磨は第5戦で日本人最高位となる3番グリッドを獲得し、その後第7戦で自らの記録を更新し、日本人初のフロント・ローを獲得していますね。

2005年は初ポールも夢じゃない!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65806/2356530

この記事へのトラックバック一覧です: 琢磨の2004年:

« M.シューマッハのF1デビューを振り返る(1) | トップページ | M.シューマッハのF1デビューを振り返る(2) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

東京モーターショー2005&2003

  • TMS2005-01-BAR005
    2005年と2003年の東京モーターショーで展示されたF1マシンです。

1stRow Web Site

フォト
無料ブログはココログ